製品新着情報

2013.06.19更新

昨日、HONDA X4にお乗りのお客様へ"ガレージレボ"を納品させて頂きました。

こちらのお客様は普段は自宅ガレージに乗用車を2台止められていて、その後ろにバイクを横ずけに(盗難防止策として)止められているそうです。

ですが、やはりバイクで出掛ける度に乗用車を出すのが煩わしくなり、何かいい方法はないかと考えていたところ職場の同僚の方に当社の"ガレージレボ"をお聞きしたそうです。

そして、お客様にバイクの車種をお伺いしたところ"HONDA X4"だそうな。



ご存じのように"HONDA X4"にはフックを取り付けるボスがありません。

しかもアクスルシャフトには貫通穴はありますが、細いシャフトしか通りそうもありません。

"ガレージレボ"の標準シャフトは13Φなので通らないです。

そこで、チョイト細い貫通シャフトを何種類か作りました。



上から13Φ、10Φ、9Φです。画像はないですが12Φ、11Φも準備中です。

とりあえず、今回は10Φをセットして納品しました。

こんな感じですね。




スタンドアップはとても軽く、貫通シャフトを使えば初心者の方でも安心して上げられます。

こちらのお客様はバイクのメンテナンスにも役立つと大変喜ばれ、ツーリングに出かける回数が増えそうだとおっしゃっていました。

万が一、故障などが生じましたら直ちに連絡ください。早急に対応させて頂きます。

この度は、数あるメンテナンススタンドの中から当社の"ガレージレボ"をお選びいただき、誠にありがとうございました!

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.06.08更新

以前からこんな要望がありました。

"ZRXってスタンドフックが随分低い位置にあるからスタンドアップするとムチャクチャ上がるんだよね!"

確かに、ZRXのスイングアームはトラス構造になっていてフック取り付けボスはアンダーパイプに付いています。

通常の位置よりかなり低いです。

スタンドアップするとかなり上がります。

そこで、こんなパーツを作りました。



右側は標準セットされているフック。

左側は新たに作ったフックです。

約48ミリ下がります。

横から見ますと



スイマセン、画像があまり良くないですね。

違いがお解り頂けたでしょうか?

どんな感じになるか、剛性面も含めてただ今検証中です。

問題がクリアー出来たら発売開始します。

価格は左右セットで一台分3,980円(税込)を予定しております。

なお、今後は新たに"ガレージレボSTD"をご注文されるお客様は、注文時に"ZRX用フックに変更"とおっしゃって頂ければ追加料金無しで標準フックと入れ替えが可能です。

"やっぱり両方欲しい~!"というお客様は

"ガレージレボSTD"+"ZRX用フック"の合計金額になります。

じゃあ、初めにZRX用フック変更仕様でお買い求めのお客様でその後、バイクを替えられ標準フックが欲しくなった場合、

"標準フックも一台分3,980円" でご提供します。

不公平をなくす為、フック単体の価格は統一しました。

正式な販売時期は後日発表します。

それでは、次回をおたのしみ~

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.05.25更新

前回、お伝えしました開発中の製品がとりあえず完成しましたので、実際にスタンドアップして見ました。



今まで使われていたスタンドと比較して遜色なく軽くスタンドアップでき、上げた後のふらつき感もなくスムーズに移動が可能でした。
すでに製品化されていますBMW用に比べ、このバイクは軽量なので剛性面での工夫はそれほど苦労しませんでした。





ホイール回り止めのシャフトも付属品として設定。(肉厚パイプなので曲がりにくいです)

試作品なので汚い部分がありますが(未塗装だし。。。)、もう少し細部を煮詰めて量産化にこぎ着けたいと思います。

それでは、次回おたのしみ~

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.05.20更新

STD,BMW用に続いて次はやはりコレかな~?

スポーツバイクの代表的存在、国内でも人気ありますよね~!



先日、寸法取りにおじゃまさせて頂き、ありがとうございました。

さっそく、材料、部品の発注を済ませて今週末頃には試作1号が完成できそうです。

カラーも決めたいですね、やはり赤?黄もいいですね~。

あれこれと考えるのが楽しくてしょうがないです。

商品化のごぎつけたらこちらでご案内します。

それでは、おたのしみ~。

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.05.15更新

BMW用ガレージレボの価格が決定しました!


販売価格59,800円(税込)です。

R1200系とK1200,1300系が対象です。

カラーはブラック、シルバー。

オプションカラー(同価格です)はブルー、ホワイト、オレンジ。

その他のカラーもオーダー可能です。(税込2,100円アップ)

詳しい取り扱い方法はこちら

これでBMWユーザさんも楽々と移動できますよ!

移動できるメンテナンススタンドをお探しならガレージレボを是非お試しください。

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.05.15更新

今、一番やりたい事。

それは、"ハーレー用ガレージレボを作りたい!"です。

もっとも人気のあるバイクの一つですね。

ツーリングに行っても必ず見かけます。

女性の方も多く乗ってます。

私も90年と96年に2台乗り継ぎましたが、その大きさのわりに乗りやすいんですね、

しかも、アイドリングトルクが大きいので発進が楽ちん!

ショートシフト、スロットルワイドオープンで加速する時のフィーリングは最高ですね!

どこまででもスロットルを開け続けて、長距離を走りきれる。

頼もしいバイクですね。

しかし、ガレージ内での取り回しはその重さと大きさがネックとなり、かなり注意が必要。

小刻みに切り返して壁に寄せることなんて、決して楽ではありません。

力づくでリアをずらすなんて絶対できません。(FLHなんか特に)

それ故、"ハーレー用ガレージレボ"は多くのハーレーユーザー様にとって必要かと。

決して簡単ではありませんが、アイデアはあります。

発売予定日なんて全く未定です。

でも、なんとか商品化にこぎ着けるようガンバッテ行きます!

皆様、よろしくお願い申し上げます。

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.05.09更新

今回、"シルバー"を標準設定色に追加しました。



画像ですと少しわかりにくいですが、濃いめで、メタがしっかりと入っています。

高級感のあるシルバーといった感じに仕上がっています。

これで、標準色は全部で6色(オレンジ、ピンク、ブルー、ホワイト、ブラック、シルバー)になりました。

今後もカラーラインナップを増やしていくつもりです。

よろしくお願いします。

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.05.08更新

"ガレージレボ発売記念キャンペーン"を実施します。

より多くのお客様に"ガレージレボ"の使い勝手の良さを実感して頂く為に数量限定でご提供したいと思います。

タイプは"STDタイプ"のみです。(BMWタイプはキャンペーン対象外です。)

カラーは"ブラック"


今回、新色の"シルバー"


2色のみの設定です。

気になる価格のほうですが

通常価格56,800円(消費税込)をなんと!!!

29,800円(消費税込) でご提供いたします。

もちろん"永久補償"もついております。

『みんなと違う色がいいな~』とおっしゃる方はカラーオーダーも承っております。
その際は、追加料金2,100円(消費税込)となります。

この機会を是非お見逃しなく!

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.04.24更新

今まで、オーダーメイド扱いでしたBMW用を今後は標準設定品として販売することに決定しました。

かなりの重量車であることと、ファイナルケース部が極端にオフセットされている為、開発に時間がかかりましたが

なんとかお客様に安心して使って頂ける商品にまでこぎ着けました。

タイプは2種類

R-Type と


K-Typeです。


ところで、画像を見て"アレッ?"とお思いの方はみえませんか?

センタースタンドが床についているような。。。?

そうなんです。実は床に軽~く着いているんです。

"それじゃあ、そのまま動かないんじゃ?"

それでは、センタースタンドを払ってみましょう。

いつもの様にバイクを前に押し出せば、






こんな感じになり、どこでもお好きな所へ移動できますよ~。

場所が決まったら今度はガレージレボに乗せたままセンタースタンドをいつもの要領で"スタンドアップ"




"軽ッ!!!センタースタンド掛けがこんなに軽いなんて!!!"

はい、はっきり言ってムチャクチャ軽いです。

女性の方でも楽勝です。

私も使っています。(試作品ですが。。。)

あの重い"BMW"がいとも簡単に移動出来るなんて。。。(自画自賛)(笑)

次に、

左右の"ロックピン"を解除します。

ロック状態はピンが扇状のストッパープレートに干渉する位置まで突き出ています。





ロックピンとは、サイドフレーム部にある黒いツマミのことです。



このツマミを回し、ロールピンの合ったところで引っ張ります。



このようにロールピン部をサイドフレームの外側に当てて


ロック解除

ロックピンがストッパープレートに干渉していませんね。



この状態で"ガレージレボ"を引き起こし



ファイナルケースから抜きます。




ガレージの中で横方向へ移動したいとか、狭い隙間へ押し込みたいとか、車の後ろへ横向きに仕舞いたいとか、

その度に何度もハンドルを切り返して、

やっとの思いで寄せきれたら、今度はパニヤケースが壁に当たってセンタースタンドが掛けられん!

"ガレージレボ"はそんな苦労からアナタを解放してくれますよ~。

ツーリングの度に彼氏や旦那さんに準備してもらってる女性の方、

"ガレージレボ"さえあれば気兼ねなく出発準備ができますよ。



ちなみに、帰って来た時の手順はその逆ですね。

1、センタースタンドで立てる

2、ガレージレボをセット、その後スタンドアップ

3、センタースタンドを払う

4、お好きな場所へ移動

5、センタースタンドで立てる

6、ガレージレボをはずす(引き起こした状態のままでもOK)

カラーは標準色(ブラック、シルバー)を予定しております。

画像にあるようなブルー、ホワイトも賜っております。

もちろんオーダー色もご相談に応じて対応させていただきます。

気になる価格ですが、

未だ決定していませんので、後程ホームページのほうで発表させて頂きます。

お客様の納得のいく価格設定を考えております。

BMW用メンテナンススタンドなら"ガレージレボ"を是非お試しください。

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.04.20更新

最近、こんな話をお聞きしました。

    お客様: キャスターのブレーキがあんまり効かないね?

ガレージレボ: えっ?! それは申し訳ありませんでした。。。
          すぐに良品と取り換えさせていただきますが、
           どんな故障の仕方なのでしょうか?
      
    お客様: いや、キャスターの故障ではなくて、
           タイヤが滑るんですよ。
           うちの床はツルツルなのでブレーキかけても
           止まらなくて。。。
           ちょっと不安ですね~。

ガレージレボ: なるほど、わかりました。
           対策課題としてさっそく社内で取り上げてみます。
                      ●
                      ●
                      ●
                      ●

で、これが今までのキャスターです。


ナイロン製ホイールにベアリングが組み込まれているものです。

ホイールが硬めの材質なので転がり抵抗は数あるホイールの中で最も小さいです。

重たいバイクを乗せたまま動かすのに抵抗感が一番かるかったので採用しました。

ですがその反面、床との摩擦抵抗が小さいが為ブレーキが効きにくいという欠点があります。

そこで、これをお試しで仕入れてみました。


これはナイロン製ホイールにウレタンを巻きつけたものです。

もちろんセンターにはベアリングが組まれています。

ウレタンはナイロンより摩擦抵抗は高いのでブレーキはしっかり効きます。

でもバイクを乗せたまま動かすときの抵抗は明らかに大きいですが、

問題ないレベルかと。

今後は、お客様の要望で選択できるようにしようかと考えています。

当然ながらウレタン巻きは"お値段は据え置きで"

逆にナイロンホイールは"お値打ち価格で"

詳細が決定しだい"製品新着情報"でお知らせします。

今しばらくおまちください。















投稿者: 向山鉄工株式会社

前へ 前へ
お問い合わせ

30日間保証

ご注文・お問い合わせ

footer_banner_sp2.png

ご注文・お問い合わせ tel:0120-160-710
お支払い方法 配送・返金保証 製品新着情報
対応車種一覧 安心の永久保証
代表向山のバイク人生 お客様の声 正規販売協力店 de”LIGHT モトコルセ