製品新着情報

2015.05.13更新

Ducatiモンスターファンの皆様、大変長らくお待たせ致しました!

Ducati用ガレージレボ販売開始から多数のお問い合わせがありましたが、未だモンスターでの実績がなくアナウンスを控えていました。

ですが、この度正規販売店の"ディライト"様のご協力で確認をとることが出来ました。

最新モデルの"Monster1200"です。



シャフト41を使用。パニガーレと同じですね。





価格は54,800円(消費税込)でのご提供です。

たくさんのお問い合わせをお待ちしております!

投稿者: 向山鉄工株式会社

2015.03.30更新

今回は弊社でご用意できる色見本のご案内です。

今まで標準(オレンジ、ブラック、シルバー、ホワイト)でご用意している色以外に特注色として下の画像のサンプルからお選び頂くことが出来ます。



全部で100色ぐらいございますが、似たような色も。

並べて比べると微妙な違いがありますが、単独で見てては違いがわかりません。それくらい種類があります。

お客様がご希望する(イメージする)色を何種類かをピックアップして、その中から選んで頂こうと思います。

ちなみにこのサンプルは印刷ではなく、すべて塗装によるもので非常に精度が高い、手間のかかった見本となっております。

ですので、"見本通りの色になってない!"ということは無いかと。

料金は特注色オプション価格¥2,160-でのご提供となります。

サンプルの中には非常に高価な塗料もございますので、その場合は別途ご相談ということになります。

"ご注文、お問い合わせ"もしくはフリーダイヤル0120-160-710からご相談頂ければと思います。

メンテナンススタンドをお探しなら是非ガレージレボをお試しください。お陰様で大変な好評を得ています。360度移動出来るスタンドであなたのバイクライフをサポートします。

投稿者: 向山鉄工株式会社

2015.03.24更新

お待たせ致しました!

ガレージレボ for DUCATI&AGUSTA 

販売開始のお知らせです。







前回予告編でご案内しましたプロトタイプからさらに変更を加えました。

まずは部材の肉厚を増して全体的に強度アップ!

そして芯金(受けシャフト)部の傾斜の最適化を図りました。

カラーはオレンジ、ブラック、ホワイト、シルバーから選べます。

特注色は100色以上ある色見本からご希望のカラーを選ぶことが出来ます。(オーダー色¥2160追加)

価格は、永久保証付きで¥54,800-(税込、送料込)でのご提供になります。

対応車種はドゥカティ及びアグスタ片持ちスイングアーム全車です。

芯金(受けシャフト)のサイズは3種類(26,41,43)を用意しました。ご購入前に必ずご確認ください。

DUCATI1199 パニガーレ (シャフト41)









アグスタF3 (シャフト43)





自分のガレージでも使えるかな~?とご心配のお客様には貸し出し用のデモ機もご用意しております。

"ご注文、お問い合わせ"もしくはフリーダイヤル0120-160-710からどうぞ遠慮なくお問い合わせください。

どんな些細なことでも結構です。

メンテナンススタンドをお探しなら是非ガレージレボをお試しください。お陰様で大変な好評を得ています。360度移動出来るスタンドであなたのバイクライフをサポートします。

皆様からのお問い合わせをお待ちしております!!

投稿者: 向山鉄工株式会社

2015.02.18更新

ガレージレボファンの皆様、大変長らくお待たせいたしました。

Ducati用ガレージレボ  

近日発売!!


※画像はプロトタイプです。


試作から2年近くかかって、ようやく皆様にお届けできるようになりました。

価格は¥54,800(税込)を予定しております。もちろん永久保証付きです。

新製品開発にあたり、これまで大勢の方々にご協力頂きまして誠にありがとうございました。

この場を借りて、短文ではございますが厚く御礼を申し上げます。

そして新たに販売協力店が増えます。開発の為に大変なご協力を頂いたディーラーさんです。

こちらも近々ご紹介出来るかと思います。

それで次回をお楽しみ~

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.10.31更新

先日、予告しました貫通シャフト用対策パーツが完成いたしました。

今までの構成品で11Φ以下の貫通シャフトを使用した場合、下の画像のように(上からおもいっきり体重をかけてみました)シャフトが曲がる恐れがありました。

バイクをスタンドアップするだけならば、こんなに曲がることはないのですが。

お客様の不安を取り除くのが目的なので、新たなパーツを完成させました。

構成部品は、下の画像をご覧ください。


今回の目玉パーツはコレ↓と、(Vフックの代わりに使用)


コレ↓です。(STDより20ミリ長いです)


使用方法は、新作本体差し込みパイプの25角部に新作21角パイプを差し込みます。


こんな感じですね。


そして、貫通シャフトをアスクルシャフトめがけて通します。


こんな感じですね。


反対側は、


この場合のポイントは、上の画像のように左右の21角パイプをアクスルシャフトに密着させること!

そうすれば、絶対に曲がることはありません。(バイクをスタンドアップすることのみにおいて)



なお、9Φ、10Φ、11Φをご指定のお客様のみの対策品です。

12Φ、13Φが使用できるバイクをお持ちのお客様は、今まで通りの仕様でのお提供となります。


気になる価格ですが、如何なる対策を施そうとも差別はいたしません!

ガレージレボSTDセット 29,800円(税込、配送込)キャンペーン中~

ご使用になられる車種によって9Φ~13Φのサイズからお選びください。

皆様のお問い合わせをお待ちしております。
フリーダイヤル0120-160-710

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.10.25更新

現在、市販されているほとんどのバイクは(SS系、ビッグネイキッドの一部を除く)は、フックボルトが取り付けられない為Vフックではスタンドアップ出来ません。

そこで、リアアクスルシャフトに貫通穴がある車種に限り、貫通シャフトを使用して頂いておりました。



ですが、そのほとんどの場合9Φ~11Φぐらいの細いシャフトしか挿入できず(12Φ、13Φは大丈夫です。)、お客様から『曲がってしまわないか?折れたりしないのか?』と言うご心配のお問い合わせが数多くありました。

粘りのある材料を使用しておりますので折れてしまうことはないですが、過大な重量が掛かり過ぎると(特に11Φ以下)曲がる恐れがあります。

そこで、当社ではただ今対策パーツを開発中でございます。



画像は試作品ですが、今月中には発表出来る予定です。

今しばらくお待ち頂けるよう、よろしくお願いいたします。

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.09.13更新

以前、こちらで発売予告をしましたKawasaki ZRX用オプションパーツの販売を開始します。

今回のオプションパーツは"ダウンオフセットVフック"です。



Kawasaki ZRX1100,1200等のような、リアアクスルセンターよりかなり下側にフックが取り付けてある車両に使用できるパーツです。

標準Vフックとの高さの違いは、約48ミリ下がります。



このパーツを使ってスタンドアップすれば、車重のあるZRXも実に軽くアップできます。

ただし、"ダウンオフセットVフック"は内側にもオフセットされていますのでVフック間の最大幅が若干狭くなります。



なので、使用する"ガレージレボ"本体の種類によって最大幅が異なります。

例えば、"ガレージレボSTD"+"ダウンオフセットVフック"の組み合わせですと、



最大幅は350ミリしかありません。これですとビッグバイクはスタンドアップ不可か、スイングアームをガリガリしてしまう可能性が非常に大です。

つづいて、新発売の"ガレージレボSTD-ワイド"+"ダウンオフセットVフック"の場合は、



最大幅425ミリを確保しました。Kawasaki ZRX1100,1200等及び幅広のカスタムスイングアームに換装されている車両はこちらの組み合わせをお勧めします。

価格は、キャンペーン価格ということで

 "ガレージレボSTD"+"ダウンオフセットVフック"
                      29,800円(税込)
 "ガレージレボSTD-ワイド"+"ダウンオフセットVフック"
                      30,800円(税込) 
  
標準Vフック、ダウンオフセットVフック
       共通価格 各1台分 3,980円(税込)
 

お値打ち価格でお提供いたします。

是非この機会をお見逃しなく!!!

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.09.12更新

新製品のご案内です。

ガレージレボSTD-ワイド の販売を開始しました!



いままでのSTDとの差は、Vフック間の最大幅が約460ミリあるということです。





STDとSTD-ワイドを比べて見ましょう。



STDが約380ミリの最大幅に対し、STD-ワイドは約460ミリあります。

これによりスイングアーム幅の広いkawasaki ZRX1100,1200とか、幅広のカスタムスイングアームに変更された車両等のスタンドアップが可能です。

さらに、kawasaki ZRX用オプションパーツのダウンオフセットVフックを使用しても、



最大幅425ミリを確保!



お値段は、キャンペーン価格30,800円(税込)でご提供いたします!

なお、ご注文時に"標準Vフック"もしくは"ダウンオフセットVフック"のどちらかをお選びください。

もちろん当社の販売するガレージレボはすべて永久保障付きなので安心してお使いいただけます。

さらに!発売中のSTD(最大幅380ミリ)を好評につき追加生産し、



キャンペーン価格29,800円(税込)期間を延長することができました。


この機会を是非お見逃しなく!!!

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.08.28更新

新色追加予告のご案内です。

今回追加予定の新色は"メッキ"です!

開発当初から"メッキ"の設定を考えていたのですが、当社のガレージレボが大きすぎて外注業者さんの"メッキ層"に入らず、諦めていました。

ですが、この度、大きな"メッキ層"をお持ちの業者さんを紹介して頂くことができましたので、まずは一番デカイ"BMW用"をテストしてみました。




高級感ありますね~。

塗装では満足できないお客様は是非、"メッキ"をお勧めします!

価格は決定次第、こちらの"製品新着情報"でお伝えいたします。

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.08.27更新

ガレージレボSTDタイプのオプションパーツのご紹介です。

標準では"Vフック"が付属されていますが


今回は"Vプレート受けの丸"の案内をいたします。

これは、通称"カニ用丸"と呼んだりしていますが・・・


標準のVフックと差し替えるでけで使用します。

今までは、スイングアームに市販のVフック用ボルトを取り付けてVフックで受けていましたが、

最近は、画像の耐久レーサーのような"Vプレート"をスイングアームに取り付けて"丸"で受けるカスタムが流行っているようで。

例えば、こんな風に


万が一転倒してもフックボルトの場合みたいにガリガリに削れることもなさそうな?

それに、スタンドアップの時にスイングアームに傷がつきにくいかな?

オーダースイングアームですと、こんな感じに

見た目がなかなかレーシーですね~。

お客様からの要望がかなりありましたので製作してみました。

販売開始時期ですが、未だ試作段階で不具合等、価格を含め検証中でございます。

決定しだい、こちらの"製品新着情報"でご案内申し上げますので、今しばらくお待ちください。

投稿者: 向山鉄工株式会社

前へ 前へ
お問い合わせ

30日間保証

ご注文・お問い合わせ

footer_banner_sp2.png

ご注文・お問い合わせ tel:0120-160-710
お支払い方法 配送・返金保証 製品新着情報
対応車種一覧 安心の永久保証
代表向山のバイク人生 お客様の声 正規販売協力店 de”LIGHT モトコルセ