製品新着情報

2013.10.31更新

先日、予告しました貫通シャフト用対策パーツが完成いたしました。

今までの構成品で11Φ以下の貫通シャフトを使用した場合、下の画像のように(上からおもいっきり体重をかけてみました)シャフトが曲がる恐れがありました。

バイクをスタンドアップするだけならば、こんなに曲がることはないのですが。

お客様の不安を取り除くのが目的なので、新たなパーツを完成させました。

構成部品は、下の画像をご覧ください。


今回の目玉パーツはコレ↓と、(Vフックの代わりに使用)


コレ↓です。(STDより20ミリ長いです)


使用方法は、新作本体差し込みパイプの25角部に新作21角パイプを差し込みます。


こんな感じですね。


そして、貫通シャフトをアスクルシャフトめがけて通します。


こんな感じですね。


反対側は、


この場合のポイントは、上の画像のように左右の21角パイプをアクスルシャフトに密着させること!

そうすれば、絶対に曲がることはありません。(バイクをスタンドアップすることのみにおいて)



なお、9Φ、10Φ、11Φをご指定のお客様のみの対策品です。

12Φ、13Φが使用できるバイクをお持ちのお客様は、今まで通りの仕様でのお提供となります。


気になる価格ですが、如何なる対策を施そうとも差別はいたしません!

ガレージレボSTDセット 29,800円(税込、配送込)キャンペーン中~

ご使用になられる車種によって9Φ~13Φのサイズからお選びください。

皆様のお問い合わせをお待ちしております。
フリーダイヤル0120-160-710

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.10.25更新

現在、市販されているほとんどのバイクは(SS系、ビッグネイキッドの一部を除く)は、フックボルトが取り付けられない為Vフックではスタンドアップ出来ません。

そこで、リアアクスルシャフトに貫通穴がある車種に限り、貫通シャフトを使用して頂いておりました。



ですが、そのほとんどの場合9Φ~11Φぐらいの細いシャフトしか挿入できず(12Φ、13Φは大丈夫です。)、お客様から『曲がってしまわないか?折れたりしないのか?』と言うご心配のお問い合わせが数多くありました。

粘りのある材料を使用しておりますので折れてしまうことはないですが、過大な重量が掛かり過ぎると(特に11Φ以下)曲がる恐れがあります。

そこで、当社ではただ今対策パーツを開発中でございます。



画像は試作品ですが、今月中には発表出来る予定です。

今しばらくお待ち頂けるよう、よろしくお願いいたします。

投稿者: 向山鉄工株式会社

お問い合わせ

30日間保証

ご注文・お問い合わせ

footer_banner_sp2.png

ご注文・お問い合わせ tel:0120-160-710
お支払い方法 配送・返金保証 製品新着情報
対応車種一覧 安心の永久保証
代表向山のバイク人生 お客様の声 正規販売協力店 de”LIGHT