製品新着情報

2013.04.24更新

今まで、オーダーメイド扱いでしたBMW用を今後は標準設定品として販売することに決定しました。

かなりの重量車であることと、ファイナルケース部が極端にオフセットされている為、開発に時間がかかりましたが

なんとかお客様に安心して使って頂ける商品にまでこぎ着けました。

タイプは2種類

R-Type と


K-Typeです。


ところで、画像を見て"アレッ?"とお思いの方はみえませんか?

センタースタンドが床についているような。。。?

そうなんです。実は床に軽~く着いているんです。

"それじゃあ、そのまま動かないんじゃ?"

それでは、センタースタンドを払ってみましょう。

いつもの様にバイクを前に押し出せば、






こんな感じになり、どこでもお好きな所へ移動できますよ~。

場所が決まったら今度はガレージレボに乗せたままセンタースタンドをいつもの要領で"スタンドアップ"




"軽ッ!!!センタースタンド掛けがこんなに軽いなんて!!!"

はい、はっきり言ってムチャクチャ軽いです。

女性の方でも楽勝です。

私も使っています。(試作品ですが。。。)

あの重い"BMW"がいとも簡単に移動出来るなんて。。。(自画自賛)(笑)

次に、

左右の"ロックピン"を解除します。

ロック状態はピンが扇状のストッパープレートに干渉する位置まで突き出ています。





ロックピンとは、サイドフレーム部にある黒いツマミのことです。



このツマミを回し、ロールピンの合ったところで引っ張ります。



このようにロールピン部をサイドフレームの外側に当てて


ロック解除

ロックピンがストッパープレートに干渉していませんね。



この状態で"ガレージレボ"を引き起こし



ファイナルケースから抜きます。




ガレージの中で横方向へ移動したいとか、狭い隙間へ押し込みたいとか、車の後ろへ横向きに仕舞いたいとか、

その度に何度もハンドルを切り返して、

やっとの思いで寄せきれたら、今度はパニヤケースが壁に当たってセンタースタンドが掛けられん!

"ガレージレボ"はそんな苦労からアナタを解放してくれますよ~。

ツーリングの度に彼氏や旦那さんに準備してもらってる女性の方、

"ガレージレボ"さえあれば気兼ねなく出発準備ができますよ。



ちなみに、帰って来た時の手順はその逆ですね。

1、センタースタンドで立てる

2、ガレージレボをセット、その後スタンドアップ

3、センタースタンドを払う

4、お好きな場所へ移動

5、センタースタンドで立てる

6、ガレージレボをはずす(引き起こした状態のままでもOK)

カラーは標準色(ブラック、シルバー)を予定しております。

画像にあるようなブルー、ホワイトも賜っております。

もちろんオーダー色もご相談に応じて対応させていただきます。

気になる価格ですが、

未だ決定していませんので、後程ホームページのほうで発表させて頂きます。

お客様の納得のいく価格設定を考えております。

BMW用メンテナンススタンドなら"ガレージレボ"を是非お試しください。

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.04.20更新

最近、こんな話をお聞きしました。

    お客様: キャスターのブレーキがあんまり効かないね?

ガレージレボ: えっ?! それは申し訳ありませんでした。。。
          すぐに良品と取り換えさせていただきますが、
           どんな故障の仕方なのでしょうか?
      
    お客様: いや、キャスターの故障ではなくて、
           タイヤが滑るんですよ。
           うちの床はツルツルなのでブレーキかけても
           止まらなくて。。。
           ちょっと不安ですね~。

ガレージレボ: なるほど、わかりました。
           対策課題としてさっそく社内で取り上げてみます。
                      ●
                      ●
                      ●
                      ●

で、これが今までのキャスターです。


ナイロン製ホイールにベアリングが組み込まれているものです。

ホイールが硬めの材質なので転がり抵抗は数あるホイールの中で最も小さいです。

重たいバイクを乗せたまま動かすのに抵抗感が一番かるかったので採用しました。

ですがその反面、床との摩擦抵抗が小さいが為ブレーキが効きにくいという欠点があります。

そこで、これをお試しで仕入れてみました。


これはナイロン製ホイールにウレタンを巻きつけたものです。

もちろんセンターにはベアリングが組まれています。

ウレタンはナイロンより摩擦抵抗は高いのでブレーキはしっかり効きます。

でもバイクを乗せたまま動かすときの抵抗は明らかに大きいですが、

問題ないレベルかと。

今後は、お客様の要望で選択できるようにしようかと考えています。

当然ながらウレタン巻きは"お値段は据え置きで"

逆にナイロンホイールは"お値打ち価格で"

詳細が決定しだい"製品新着情報"でお知らせします。

今しばらくおまちください。















投稿者: 向山鉄工株式会社

entryの検索

カテゴリ

お問い合わせ

30日間保証

ご注文・お問い合わせ

footer_banner_sp2.png

ご注文・お問い合わせ tel:0120-160-710
お支払い方法 配送・返金保証 製品新着情報
対応車種一覧 安心の永久保証
代表向山のバイク人生 お客様の声 正規販売協力店 de”LIGHT