代表 向山のバイク人生ブログ

2015.11.30更新

岐阜山間部は雪が降り始めたらしい。

たとえ降ってなくても氷点下の朝は夜露が凍ってることもしばしば。

これから春までは県内か太平洋側のツーになりますな~。

とりあえず今日は私だけ暇な日。UGT氏を誘ってオッサンプチツーですわ。

最寄りのコンビニで待ち合わせて、



中央道恵那IC辺りなら降雪はない模様。

R257を南下して稲武の町なかにあるこちらの""ニコ天"さんで、



うな重を頂きました~。



食後は近くの道の駅"どんぐり"へ。





お土産はパン屋さんで。ここのパン屋さん、相当な人気店らしくあっという間に完売だそうな。



福引券を頂いたのですが私はくじ引きはまるで当たったことがないので。

UGT氏にお願いして、



私:『くじ引きで何か当たったことある?』

UGT氏:『一度も・・・』

私:『・・・』

くじ引きには全く縁がないですな~。

その後はR153でぐるっと大回りして中津川ICから帰宅して本日終了。



走行距離 283キロ

投稿者: 向山鉄工株式会社

2015.11.25更新

ここんとこ日曜日の度に雨予報が出てますが、今回はなんとか一日もちそう♪

UGT氏を誘ってお昼を食べに行ってきました。

中央道屏風山PAで待ち合わせて中津川ICで降ります。



R19をひたすら北上。のんびり景色を見ながら走る木曽路は趣があるイイ道です。

交通量は多くて、取り締まりも厳しい道ですが当時の宿場町が数多く残っていたり文学作品の舞台にもなっているので史跡を辿るにはイチ押しだと思います。

さて、UGT氏は朝から飲まず食わずなんで道の駅"賤母"で休憩。



平地の紅葉もボチボチ終わりのようで、いよいよ冬が近づいてますな~。



今回はあまりガッツリ走る予定ではないので"三岳"に寄り道。





UGT氏、こんなのを着用してる模様。これで真冬も大丈夫のようです♪





県道26号に逸れます。前回通った時はきれいな銀杏だったけど。





今日のお昼は、野麦峠スキー場へ入っていくところにあるこちらのお店。



憧れの薪ストーブ。



頂くのは当然、とうじ蕎麦。期間限定で松茸入りもあるそうです。来年は是非試してみたいですな~。



〆の雑炊でお腹がはち切れそう。

食後は伊那ICから中央道小黒川PAでコーヒータイム。



小牧東ICでUGT氏と別れ、



無事に帰宅~。ちょっと早い帰宅だけど日が暮れるのが早いからね。



走行距離 342キロ

投稿者: 向山鉄工株式会社

2015.11.12更新

翌朝は一ノ倉沢を散策する予定。

ガイドブックによると往復で2時間くらいとありますが、これも3時間は見ておいた方がいいかと。

お宿を出発して昨日の谷川岳ロープーウェイに向かいます。



本日はバツグンの天気で国道沿いからは稜線クッキリの谷川岳が。



二日連続で登ることを考えましたが、今日はそれほど時間が取れないので諦めます。

来年の楽しみにしておきましょう!

ロープーウェイ乗り場から先は車両通行禁止なので昨日と同じ駐車場にバイクを止めて。

散策出発です。







こんなすてきな案内図が。非常に分かりやすいですな。



疲れた方は電気シャトルバスもありますよ。但し有料ですが。





一ノ倉沢まではもう少し。



ブナ林って私たちにとってとても大切な資源なんです。

ちなみに秋田と青森に跨る白神山地は世界最大級の原生ブナ林なんですよ。



さあ、一ノ倉沢に到着です。





ダイナミックな景色ですね、垂直にそびえる岩山は人を寄せ付けない強烈な威圧感があります。



しばらくの間眺めてましたわ。午後からは日陰になるので見るのは午前中ですな♪



ここで引き返すのはチトもったいないのでもう少し進んでみることに。



幽ノ沢からの一ノ倉沢の眺め。違った角度からも見ごたえはありますな。





さらに進んで芝倉沢?ここじゃないかも?



そろそろ戻らないと家に着くころは日付が変わっちゃう~。



水上ICから高速で無事に帰路に着きました~。



走行距離 897キロ

山岳方面のツーリングはそろそろシーズンオフですな。

標高の低い所ならまだまだ行けそうですが、早朝に出掛ける場合は路面凍結にご注意を!!

投稿者: 向山鉄工株式会社

2015.11.11更新

更新が遅れてしまいましたが、先週のツーリングは群馬県みなかみ町の谷川岳に登ってきました。

山頂付近の紅葉は既に終わっているようでしたが、予てから登ってみたい山の一つでしたので予定を組みました。

それに山は冬を迎える時期なので今年の山登りも今回が最後になるでしょう。

では、早朝に水上ICを降りて、



R291を北上。



谷川岳ロープーウェイで天神平へ。



少し前に雪が降ったらしく、お客さんはかなり少なめ。

紅葉シーズンは当然ですがロープーウェイは3,4時間待ちらしいです。



ここ天神平からは天神尾根コースで山頂まで2時間半くらい。

私たちの足では3時間は軽く掛かるでしょう。



西の方角の山は雲に覆われてて山頂がはっきり見えませんな~。



目指す谷川岳はこの方角。こちらも同じような雲が。



さあ、行ってみましょう!





木道には薄っすらと雪があるので要注意!





日陰はかなり冷え込んでて手袋は外せません。



この辺りからは尾根つたいを歩くので、日差しも強烈。

インナーを脱がないと汗だくになりそう。



熊穴小屋で最初の休憩。



ここからは急な岩場が多くて登りにくいですな~。



山頂方角は相変わらず雲がかかってます。





急坂が続くので天狗の留まり場でプチ休憩。



呼吸を整えて再出発です。

山頂は見えると思うんだけど、ガスガスで全く見えず。



肩ノ小屋で皆さん食事をされてますね。ちょうど12時頃ですからやはり3時間は超えますな。



山頂まであと少し。





谷川岳山頂 トマの耳に到着!



凄いガスで何にも見えません。それにむちゃくちゃ寒いし。

少し待ってましが晴れ間が見える気配が全くなさそうでしたので下山開始。



途中で天神峠へ逸れてみます。





なかなかの展望ですな。





パネルのように見えるはずですが。



ガッツリと雲がかかったまま。





名残惜しいですが、天神リフトとロープーウェイで山を下ります。

山麓駅でタップリなソフトとホットコーヒーで。



本日のお宿は麓の湯檜曽温泉。



ゆっくりと温泉に浸かって翌日に備えます。

明日は、一ノ倉沢へ。

投稿者: 向山鉄工株式会社

お問い合わせ

30日間保証

ご注文・お問い合わせ

footer_banner_sp2.png

ご注文・お問い合わせ tel:0120-160-710
お支払い方法 配送・返金保証 製品新着情報
対応車種一覧 安心の永久保証
代表向山のバイク人生 お客様の声 正規販売協力店 de”LIGHT