代表 向山のバイク人生ブログ

2013.10.30更新

本日は、皆様にお詫びを申し上げなければなりません。

先日、お客様からのお問い合わせの為にフリーダイヤルを設置いたしました。

たいへん多くのお客様より様々なお問い合わせを頂き、誠にありがとうございました。

皆様もご存じかと思いますが、フリーダイヤルはすべてNTTによる使い回しでございます。

よって、以前は別の会社様が使われていたものなのです。

それ故、間違えて電話を掛けてこられる方が大変多くございました。

このままですと、業務に悪影響を与えてしまう為、フリーダイヤルの変更をいたしました。

新しい番号は、0120-160-710 でございます。

くれぐれもお掛け間違いの無いよう、よろしくお願い申し上げます。

皆様のお問い合わせをお待ちしております。

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.10.29更新

2週間前に勢いでMotoGPチケットをポチッってしまいまして、

土曜日の仕事後に出発です。(今回は新幹線で)

名古屋駅18時頃発の"のぞみ"で東京駅へ。

東北新幹線"やまびこ"で宇都宮駅へ


正味3時間半ぐらいで宇都宮駅に到着です。

むちゃくちゃ早いです。バイクで行ってたら6時間は掛かるかも?



夕食がまだなので、せっかくですので"宇都宮ギョーザ"を♪

駅前にはそこらじゅうに"宇都宮ギョーザ"のお店があります。しかもどこもすごい行列ができています。

目の前にある、このお店に入る事に


15分くらい待って席につけました。ラーメンギョーザセットを注文。



ギョーザは野菜多めで、浜松ギョーザほどではないですが、ややさっぱり系で美味しかったですよ♪

帰りにコンビニで明日のおやつを買い込んで、ホテルにチェックインします。



翌朝は6時に朝食をとって、シャトルバス乗り場まで歩きます。

ちゃんと案内があって、とても助かりますね。





渋滞しながらも(F1ほどではない)1時間半くらいバスに揺られて無事?到着。(バスの中ではずっと寝てたので酔わずにすみました)

ツインリンクもてぎ メインゲート


ゲートをくぐって、いろんなブースを見て回ります。

ここは"ブリヂストン"

MotoGPクラスはブリヂストンワンメイクなので。



ちなみにMoto2クラスは"ダンロップ"ワンメイクですよ。

パドックパスも購入したので、パドックトンネルを通ってパドックへ。

普段はだだっ広いパドックエリアですが、今週末は猛烈な数のスーパーハウスがひしめき合っています。

そんな中、いきなりコーリン・エドワーズ選手がリュック背負って現れました。
(あまりに突然だったんで、後ろ姿しか・・・)


レプソルホンダ



ヤマハファクトリー



今回、ワイルドカード参戦の中須賀選手。YSPヤマハからエントリー



CRTクラス、青山選手のブルセンス



おっと!いきなり登場の青山選手!握手させていただきました!

ガンバッテ下さい!


岡田監督率いるMoto2イデミツホンダチームアジア。



Moto2 決勝前フリー走行開始です。

中上選手。いい走り期待してます。



フリーの結果です。 昨日までの雨で路面が出来上がっていない中、来シーズンMotoGP昇格が決まったポイントリーダー#40エスパロガロ選手がトップタイム、#30中上選手は4番タイム!23番グリッドからの追い上げが期待できます!



その後、パドックに行ってみたら、フリーを終えたばかりの中上選手がいました。ファンサービスに尽くしていましたよ。

チャンスとばかりに、私も。サイン頂きました~。



続いて、MotoGPクラスのフリーが始まりました。

現在、ポイントリーダーの#93マルケス選手。ルーキーなのにとんでもなく速い!



2010,2012ワールドチャンプ#99ロレンソ選手。



#26ペドロサ選手



フリーの結果?ではないようですな。(どうやらセッション途中の画像ですね)



正式結果は#6ブラドル選手、#26ペドロサ選手、#93マルケス、#99ロレンソ選手の順ですな。

各選手、レースディスタンスを考えたタイヤ選択でロングランをやってました。

昨日までの雨でドライのセットは出せなかったんで。

フリーが終わりパドックへ。

#35クラッチロー選手が突然現れ、足早に控室のほうへ。あっという間でしたよ。



中央エントランスのほうへ。

ホンダのブースですね。MotoGPマシンとMoto2(モリワキフレーム)



#27ストーナー選手のマシンに跨れます~。凄い行列です!



Moto2の決勝がスタート!ですが、オープニングラップ2コーナー立ち上がりで多重クラッシュ!

レースは赤旗中断後再スタート。周回数減算で15周です。



#30中上選手は毎ラップごとにポジションを上げて9位フィニッシュ!

15周と言うこともあって、タイヤライフを全く気にせず攻めまくる超スプリント!

ライフを考えない駆け引きなしのレース、こういうの結構好きです。

次回最終戦、是非ポディウムの真ん中に日の丸を!



続いて、MotoGPクラス決勝です。

スタートに失敗した#93マルケスが出遅れ、1コーナーは#99ロレンソ、#46ロッシ、#93マルケス、#26ペドロサの順で進入。

ヤマハ1,2体制でオープニングラップを制す。


が、しかし2ラップ目に#46ロッシが90度コーナーでラインを外し4位後退。

3ラップ目にも同じコーナーでコースアウト。11位にポジションを落としてしまいます。

その後はファイナルラップまで#99、#93、#26のまま。



17ラップまで3台は接近していましたが、タイヤライフが終わってしまったのか#93、#26はそれぞれのポジションキープがやっと。22ラップ目では2秒くらいギャップが広がり、

#99ロレンソ


#93マルケス


#26ペドロサ


という具合で、終始バツグンの安定性でラップし続けたロレンソが優勝!



どこのグランプリでもそうなんですが、ホンダはヤマハよりブレーキング時のタイヤのスライド量が多いようなので(ホンダが出した最速の結論だと思いますが)攻め続けるが為、最終的にタイヤライフがヤマハより短くなった、ロレンソのコーナー進入時のスムーズ性とボトムスピードを上げるセッティングがグランプリを制したのでしょうか?

#21中須賀選手は11位フィニッシュ!全日本チャンプ、ヤマハ開発ライダーとしてしっかり結果を残しました!


決勝リザルトです。



中央エントランスに戻ってお好み焼きを食べてたら、元GPライダーでMotoGP解説者の辻本さんが特設会場でイベントしてました。場内解説を終えた後も御苦労さまです♪



さあ、帰りますよ!



すごい行列です。駅までシャトルバス利用の方が非常に多いです。


宇都宮駅で東北新幹線に乗り、名古屋まで。3時間半で到着です。



これをほんとの弾丸ツアーというのでしょうか?"もてぎ"って案外近いね?

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.10.22更新

昨夜お世話になった"会津屋"さんは、いつもあたたかい"おもてなし"と"お食事"と"お風呂"で迎えてくれます。

関東方面に行く時はいつも最終日に寄り、栄養満点にして帰路につくのが最近の流れですね♪


翌朝は天気予報は外れず、生憎の雨模様。

ロビーでカッパを着こんで、可愛らしい新支配人さんに見送られて出発です。



国道400号、121号で福島県へ、

すぐに国道352号へ。

以前、宿泊したことのある檜枝岐温泉のお土産屋さんで休憩します。



なかなか雨の止む気配がなく、体も冷えてきたのであたたかい飲み物でも。

ほら、やっぱりストーブついてたよ。



体が温まったのでそろそろ出発しましょう。

国道352号をさらに進むと、



そして、さらに進むと、



もの凄い山奥なので・・・

何かあったら生きて帰れませんよ、ここは。

時折、こんな標識が、



沢から流れる水が道路を横切りますよ~。

今日は大雨ではないのでこの程度ですが、以前に濁流となって流れた痕跡が幾つかありました。

ちなみに、ここは国道です。



奥只見湖にさしかかったところ。



もうちょっと進んで、

やっと使えるように。


向こう側に今から向かう道が、



ダム湖に流れ込む川もかなり増水してた様子。



実は、ここは紅葉がすばらしくきれいなのですが、今回はちょっと早すぎました。

来週あたりが見ごろでしょうか?



でも、このあたりは豪雪地帯で超有名なところで、例年ですと10月下旬から11月上旬には降り始めるそうな。

しかも、降り始めると一気に2メートルは積もるらしいので、地元の人達は速攻で山を下りるみたいです。

"のんびりしてたら死にますよ"と以前言われたことがありました。

そんなんで、周辺の建物はすっかり冬眠を迎える準備が整っていましたよ。

銀山平で軽くご飯を食べて、


枝折峠に向かいます。案の定何も見えず。しかも誰もいない(あたりまえか?)。



紅葉の時期と降雪の時期が非常に近いため、ピンポイントで予定を組まなければならず、なかなか難しいですね。

また来年来ましょう。

そろそろ帰らねば、国道352号を進み関越道小出ICから帰路に。

長岡JCTで北陸道米山SAで遅めの昼食とガソリンを補給。



上越JCTで上信越道、長野道へ。

夜の雨の高速をタンデムで走ってんのは私達だけか?さびしいな~

梓川SAで最後の休憩。明日からのコーヒー豆がないことに気づき、ついでに買って行くことに。(便利ですな~)



今日も無事に帰ってこれました。



走行距離 1290キロ

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.10.21更新

なかなか終わりが見えてこない"スタンプラリー関東編"。

今回のツーで栃木エリアを制覇する予定。

タイムスケジュールを作成して、作戦開始!

金曜日、仕事を終えてから出発です。



中央道で北上。内津峠PAで夕飯をとり



さすがに冷えてきたので"みどり湖PA"であったかいコーヒーとトイレ休憩~



上信越道小諸ICで降りて、本日のお宿ルートイン小諸に10:30到着。

いつもお世話になります。



翌朝、いつもの様に無料朝食を頂いて定刻の7:30に出発。

昨夜の上信越小諸ICから北関東道佐野田沼ICへ向かいます。

県道16号を南下してすぐに到着、本日の一発目"どまんなかたぬま"



開店30分前なので、缶コーヒーを飲みながら辺りをウロウロ。。。



足湯がありました~、お湯をはってる最中でした。



キティちゃんのポップコーン!? 中部圏では見たことがない・・・



駐車場にはスーパーカー、ACコブラがっ!



F40がっ!!!



・・・開店時間が来たのでペッタンして出発。

県道9号、国道50号で2か所目"みかも"に到着~



ここはライダーにとっても人気があるのか?いろんなグループの集合場所になってましたよ。


スケジュール通りサクサク行きますよ~♪

国道50号をそのまま東へ、"思川"です。



ここ、車と人で激混み。大変賑わっています。



私、人ごみは苦手なので・・・

次行きましょっ。国道294号で"にのみや"




この地は、皆さんご存じの二宮金次郎が復興事業の成果をあげた場所だそうな。



県道310号で"しもつけ"へ



巨大です!栃木県内の道の駅はどれもデカイ!

しかも、もともとあった施設に看板を貼っただけじゃない専用設計!(そうでない所でもそう思える)

駐車場が広い!

食事がイイ!

トイレが最新設備だ!



いろいろイイ!!!



あんなものや、



こんなものも、



ということで、自慢のロースカツを頂くことに・・・



たいへん美味しゅうございました~

午後からは、残り4か所を廻ります。来た道をちょいと戻り、県道316、320、47号、国道408、121、123号で毎年来てる"もてぎ"に到着~。



今週末はMotoGPが開催されますね!

なので。こんなスタンプラリーも初めてみました。抽選なので当たるかどうか?



つづいて、県道69号で戻って"はが"



時間が押してきたので、ここはストップ&ゴーで。



県道69号をさらに西へ、国道4号を南下、県道71号で"みぶ"。



ここは北関東道壬生PAと併設なんですね。

ペルーの民族音楽を聴きながらソフトを食べて休憩しましょ。



ついに栃木エリアのラスト、"にしかた"到着!



この時すでに午後4時をまわっています。

遅くなるといけないので高速を使って移動開始。

都賀ICから乗り、東北道西那須野塩原ICで降りて国道400号を進みます。

本日のお宿に到着。


いつもいつも遅くなってスイマセン~。

今夜もお世話になります。



明日は、只見へ。 でも雨の予報が・・・

天気予報が外れるといいね♪

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.10.18更新

土曜フリー走行は、昨日までのフリー走行でほぼ確定したセットのチェックの為に走ります。

なので、走行時間は1時間(FP1、FP2は1.5時間だよ)しかありません。

順調にセットアップが進んだトップチームとドライバーはのんびりしてます。

FP1,2でクラッシュした下位チームは十分な走行が出来なかったので、このFP3でセット出ししています。

ピットの中はドタバタなので解り易いです。

特にデグナーでクラッシュしたマルシャのビアンキはモノコックに異常があり、徹夜で交換してたのでピットは人一倍慌ただしかったです。

そして、14:00から予選です。

F1の予選方式はノックアウト制です。

まず、Q1では出場台数22台中上位16台がQ2へ進出できます。

時間は15分しかなく、全車走行するのでクリアラップがなかなか取れません。

いつまでもアタック出来ずにダラダラと走行するのは走行妨害になりペナルティを課せられます。

しかも、タイヤの一番美味しい所はそんなに長くは続きません。

プライムですと2~3周で温めてアタック2ラップ、オプションですと1~2周で温めてせいぜいアタック1~2ラップがいいとこです。

どのタイミングで走りだすかはチーム側からの無線指示に従います。



たまに変なタイミングで走行開始してアウトラップ中のマシンにラインをふさがれてしまったり、自分より遅いラップのマシンの後ろでアタック開始させらりたりしています。

この辺りは、チームの組織力にかかってきますね。



またQ1では通常、トップチームはどちらのタイヤを履いても予選上位を狙えますのでプライムでアタックしますが、上位16台に入れない遅いチームは少しでも上を狙うためオプションでアタックしてきます。

そうなるとサーキットにもよりますが、プライムとオプションのタイム差は1周あたり約0.3~0.8ぐらいありますので、中位チームは下位チームにノックアウトされるかもしれません。

ノックアウトされる可能性のチームはうかうかしてられませんね。

あわててアタックしに行く時があります。(残り時間2分くらいに)



Q2,Q3と息つく暇もないまま、せわしい予選が続きます。



以下、結果です。

日本グランプリレース
2013 FIA F1世界選手権シリーズ第15戦
Formula1 公式予選結果表

DATE:2013-10-12 国際レーシングコース 5.807km
Pos.  No.   Driver  Entrant   Q1  Q2  Q3
1    M.Webber   Infinti Red Bull Racing              1'30.915
2    S.Vettel     Infinti Red Bull Racing              1'31.089
3    L.Hamilton  Mercedes AMG PETRONAS F1 Team    1'31.253
4    R.Grosjean Lotus F1 Team                                             1'31.365
5    F.Massa    Scuderia Ferrari                  1'31.378
6    N.Rosberg  Mercedes AMG PETRONAS F1 Team    1'31.397
7    N.Hulkenberg Sauber F1 Team                   1'31.644
8    F.Alonso    Scuderia Ferrari                                          1'31.665
9    K.Raikkonen Lotus F1 Team                                             1'31.684
10  J.Button    Vodafone McLaren Mercedes                    1'31.827

今回、F.マッサはガンバリましたね。(フェラーリ最後ですから)

ザウバーもQ3進出で7番グリッド獲得!初かな?

その後はGPスクエアでF1エンジン始動をやってました。





こんな光景は連日見てます。

こんな所からドライバーが出てくるとは思いませんが。。。




夜はトークショウを見て(鈴木亜久里さんと伊沢拓也選手です。)



中嶋一貴選手と大祐選手



そして、レジェンドF1のナイトランです。

残念ながら大祐選手の乗るロータスがトラブルで走れず、一貴選手のティレルのみの走行でした。



翌日、決勝日です。

メインゲート近くのドライバー等身大フォトスポットです~


















レーシングシアター前にF1ピレリータイヤとザウバーの風洞実験用1/3モデルがあります。

これって可夢偉選手が去年3位入賞した時にザウバーさんからもらったでは?



午前中に開催された前座レース、S-FJ。



午後に開催された、ポルシェカップ。



その後はレジェンドF1のデモ走行。昨夜走れなかった大祐選手のロータスはバッチリデモランできましたね。



決勝の時刻がせまってきました。スタート進行開始です。

チームスタッフ達がタイヤや道具を持って待機してます。



ゲートオープンと共にコースに入ります。



各チームスタッフはそれぞれのグリッドに着いてマシンの到着を待ちます。



ピットレーンシグナルが未だレッドなのでマシンはまだピットにいます。



こちらは、フェラーリ元F1ドライバーのN.ラウダ氏とセーフティーカードライバーのB.マイランダー。



さあ、ピットレーンシグナルがブルーに変わり、各マシンがコースインを開始。



ピットレーンを出たところで止まってスタートシステムのチェックをしたり、ガソリンの量を減らす為に何周も廻ったり(ただし、ホームストレートは通過出来ないのでピットレーンを制限速度で通りぬけます。)、ニュータイヤの皮むき?をしたりしています。

ピットレーンシグナルがレッドになるまで、何周でも出来ます。



最終チェックが終了したら、自分のグリッドにマシンをつけます。



スタート10分前までは未だ時間があるので、ドライバーはマシンから降りてエンジニアと話しをしたり、ピットに戻ってトイレに行ったり?してます。

その間にスタート時に履くタイヤ(予選11位以下はウォーマーが巻いてあるのでプライムかオプションか解りません!)に交換して待ちます。






スタートが近づいてきました。ドライバーは装備品を身につけ、マシンに乗り込みます。



エンジンスタート、シグナルブルーでフォーメーションラップ開始。

各車、セーフティーカーに続いて発進、前後のタイヤを温めながら、ブレーキ温度も上げていきます。

1周してセーフティーカーがピットレーンに入る、各マシンがそれぞれのグリッドに着く、全車グリッド着完了、後方でブルーフラッグが振られる、

レッドシグナル点灯!

エキゾーストノートがいっきに高まる!

数秒後、ブラックアウト!

全車一斉にスタート!

ホールショットは4番手から抜群スタートを決めたロータス R.グロージャン!

出遅れた2番手のS.ベッテルとポールのM.ウェバーにL.ハミルトンが挟まれ、ルイスの右リアタイヤがベッテルのフロント翼端盤に切られ、ピットでタイヤ交換したがサスペンショントラブルで7周でリタイア。

1周目グロージャン、ウェバー、ベッテル、ロズベルグ、マッサと続きます。

レースは不可解なウェバーの3ピット作戦に対し同じチームのベッテルが2ピット作戦で優勝!ほぼタイトルは手中に。

2位 M.ウェバー F1での鈴鹿は最後なので勝って欲しかった~。

3位 R.グロージャン  壊し屋の汚名返上ですね!

こんな資料があるので、興味がある方はどうぞ。

チェッカー後は、グロージャンとロズベルグはウィニングランが出来ないくらいガソリンが無かったのでここでマシンを止めます。

レース後の車検でガソリンの検査の為、1リットル以上は残さないといけないので。(以前、これでルイスがペナルティをくらいましたね。)



決勝中の画像は、夢中で見てたので残念ながらありません。

リザルトです。



今のエンジン規定は今年が最後です。

来年からは大きく変わりますので、この機会を逃さず観戦できてよかったと思います。

再来年からは、HONDAが戻ってきます。あの黄金時代を築いたマクラーレンとタッグを組みます。

最後は恒例の西コースウォークでみなさんF1の"タイヤかす"を拾っています。(ゴミ拾ってどうすんの?)


また来年、お仕事ガンバッテ鈴鹿F1を見に行きます!


投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.10.17更新

今日はFP1,2です。

天気は抜群にいいです!朝早くからVスタンドから撮影です。

1コーナー側



最終コーナー側



フェラーリは早朝からタイヤ交換の練習をしてますね。



メインゲートからの入場者です。サーキットまではちょいと歩く距離があるのでオープンより遅れて入場ですね。

すごい人数です。事故が起きないよう、スタッフがロープを張って誘導していましたわ。


10:00からFP1が始まるので、買い物をそれまでに済ませます。

金曜フリー走行日は指定席は関係なくどこでも見れるので、みなさん自分の指定席以外の所で観戦してます。

私たちは最終コーナーからシケイン、ヘアピンに向かい、途中で110Rと西ストレートを潜り、デグナーのエキストラビューポイントへ。



ここのコーナーは大変難しく(鈴鹿はどこも難しいですが)、毎年いくつかのマシンが飛び出します。

特に、鈴鹿を初めて走る新人ドライバーは必ず出ちゃいます。

セーフティーカーとメディカルカーのコースチェックが始まりました。

そろそろFP1が始まりますね。



レッドブルレーシング M.ウェーバー



スクーデリアトロロッソ D.リカルド


ロータス K.ライコネン


マルシャ M.チルトン




ウィリアムズ V.ボッタス



レッドブルレーシング S.ベッテル



マクラーレン S.ペレス



ケーターハム C.ピック



ケーターハム G.ヴァンデルガルデ



ザウバー N.ヒュルケンベルグ



マクラーレン J.バトン



メルセデス N.ロズベルグ



ロータス R.グロージャン



はい、やっちゃいました! マルシャのJ.ビアンキ。

デグナー2でスポンジバリヤに激突!



ウイングとサスが無くなっちゃいました。これでFP2も無理かな?

世界一処理能力が高い鈴鹿のオフィシャル達のおかげで赤旗中断が最小限に抑えられ、走行が開始されます。


ドライバーのJ.ビアンキは無事のようです。

サインを求めてるファンがいますね。



F1の安全基準は恐ろしく厳しいようで、ビアンキのように150キロで激突しても怪我はしません。

もちろん、ドライバー装備品も含めてですが。

走行開始です。

フェラーリ F.アロンソ


メルセデス L.ハミルトン



フォースインディア P.ディ.レスタ & レッドブル S.ベッテル



フォースインディア A.スーティル



つづいてFP2は逆バンクでみることに、











スピードが速いF1のラインが参考になるか解りませんが、とりあえず記憶に留めることに。



日が大分傾いてきたので、そろそろ帰りましょう。



各チームのピットは、今日のデータをもとに夜遅くまで作業していることでしょう。

特に、マルシャとケータハムは。

明日は、FP3と予選です。

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.10.16更新

今年もF1の時期がやってきました!

私、レース観戦なんてほとんど行ったことがなく衛星放送でしか見ていませんでした。

でも、F1だけは他のレースとは違う特別な雰囲気があると聞いて4年ほど前からF1だけを見に行き初めました。

F1の魅力はなんといってもあのエンジンサウンドでしょう~。

レギュレーションで最高回転は18000回転までですが、サイレンサーがないので超絶爆音です!

車体は超複雑なエアロダイナミクスな形状で、時速200以上で2トンのダウンフォースがあると言われているそうな?

まずは、木曜日のピットウォークDAYです。

東名阪を鈴鹿ICで降りて、サーキット通りのコメダでゲートが開くまでモーニング♪



愛知では、この"モーニングセット"を無料でつけないとつぶれてしまうくらい当たり前のことなんです。

トーストとゆで卵のセットが一番メジャーなんですが、フレンチトーストかスクランブルエッグトーストを出してくれるお店もあります。

中には、ミニサラダとか茶碗蒸し?なんかもありますね。

あとでお茶、昆布茶なんてのもあったりします。

いろいろ工夫されているんですね♪



ちなみに、画像の"おしぼり"と"お水"はあたりまえです。

さて、そろそろゲートが開く時間なので駐車場へ、

1,2分で到着!



ゲート前はすでに長蛇の列です!



待っている間に列が何倍も伸びてしまいます。

恐ろしいくらいの人の数です。(普段あまり人ごみの中に行かないので)

ゲートが開き、スムーズに入ることができました。

サーキットはF1一色に変更されていましたよ。



ピットのまえは大勢の人だかりでもみくちゃに。

東コースがウォーキング出来るので、先にこちらを廻ることにしました。



コースを走ってばかりですと、気付かないことが沢山ありますね。

コーナーのカントの付き方とか勾配の加減とか。

1~2コーナーってかなりカントが付いているのでビックリ!

逆バンク過ぎのダンロップコーナーの登り勾配なんて強烈ですよ!

2キロくらい歩いて、次はピットレーンを廻りましょう!

こちらは私の一番好きなチーム、マクラーレンです。

ピット内でマシンのセット中ですね。



こちらは、私の一番好きなドライバー、ルイスハミルトンが所属するメルセデスです。

今シーズン、マクラーレンから移籍したんでグッズをそろえなければ。

ドライバーが移籍するとお金がかかります!






こちらは、チームメイトのニコロズベルグ。

去年はタイヤ交換の練習をしていたんですが、今年はどのチームもやっていませんでした。

一通り見終わって、今度はGPスクエアへ

中嶋さんが乗った歴代のF1マシンが展示してあります。

まずは、Lotus 101

1989シーズンを戦ったマシン。この年からターボ禁止になり全車NAです。

しかし、Lotusはハイパワーのエンジンの供給が得られず、非力なジャッドで。

あまりいい結果は無かったようです。



続いて、Lotus 100T

ホンダV6ターボエンジン最終年の1988を戦ったマシン。

決勝で中嶋さん最高位6位、ドライバーランキング16位、コンストラクター4位の年です。



Lotus 99T

1987、中嶋さんが4位入賞を果たした年です。



葉巻型のF1は1965のホンダF1、RA272。

ホンダF1初勝利のマシンです。

1.5リッター規定最終年のマシンで、1500ccでV12ですよ!

13000~14000回転で230馬力!

当時からこんな事やってたんですね!



こちらは、1990 マクラーレンホンダMP4/5B

ホンダV10 3.5リッターエンジンでコンストラクター1位を3連覇した年です。



こちらは、2006に38年振りの100%ホンダで戦ったRA106。

エンジンはV8 2.4リッター

今はマクラーレン所属のジェンソンバトンがF1初勝利したマシンです。



ちなみに、この年のテクニカルディレクターは今のMoto GPレプソルホンダの中本さんだったらしいです。

いろいろ廻って歩き疲れたんで、翌日からのフリー走行に備えて早めに帰宅しました

帰りの高速は渋滞もなくスムーズに帰ることができました。

明日はFP1とFP2を観戦です!

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.10.15更新


この度、フリーダイヤルの設置をいたしました。

お客様からのご注文、お問い合わせの際にお電話代をご負担させてしまうのは如何なものか?

全国からのご注文、お問い合わせをもっと気軽に尋ねて頂く為にフリーダイヤルを設置しました。

なお、お電話でのご注文、お問い合わせ等は通常10:00~16:00(月~金、土日祝は除く)となっておりますが、時間外のお電話でも受け取ることが可能ですのでお急ぎの方、出勤前、退社後でもどうぞお気軽にお尋ねください。

土曜、祝日もたまに営業している場合がありますので一度、試しに電話をかけてみてください。

フリーダイヤル  0120-817-500

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.10.03更新

朝晩の気温は随分と落ち着きを見せてきましたが、10月だと言うのに日中の日差しは相変わらず強いですな。

そんなんで、久々のプチツーに行って来ました♪

朝6時頃出発です。

メッシュジャケットだけでは寒いので、インナーを着こみます。

高山方面へ1時間程走って、R41号沿いのコンビニで朝ご飯します。



ついでに、これもやっちゃいましょう~。



当たるかどうかわかりませんが・・・

まずは最寄りの"和良"から、



近くなのでちょくちょく寄りますが、今回は何も買わずに先を急ぎます。

おばちゃん!また来るね~

来た道を少し戻って県道323号を行きます。

和良~明宝間のトンネルが開通してるので行ってみましょう。

"こもれびロード"って言ってるよ~♪



これが開通したトンネルですな。



でも、照明がちと暗いか?

私のZとセローのライトはお世辞にも明るいとは言えないですが・・・

照明の間隔が広すぎるのでは?

コースは非常にカイテキで、路面はもちろん深い山間を縫っていく感じはとても気持ちいいですね。

せせらぎ街道に出て北上します。

かつての有料トンネルを過ぎて、下っていくと、

"パスカル清見"に到着!



ここはいつもたくさんのライダー達にあふれているので奥さんはあまり寄りたがらないのですが、今日はなぜか寄ってもいいそうな。

少し自信がついてきたのでしょうか?

でも、バイクを止めるところは離れたところへ、

みんなに見られると恥ずかしいので・・・



ペッタンとトイレ休憩してると続々とバイクがやってきます。

みなさんの見てる前での出発は緊張するらしい~。

スムーズに出発して、さらに北上します。

せせらぎ街道途中の最高地点、西ウレ峠で、



今みたいに整備される前(30年以上前か?)から走っていますが・・・一度も見たことがありません。

走り慣れてるだけで、周辺の見どころなんてぜ~ん全知らない私。

プチ反省~。



あいかわらず気持ちいいです。



R158号に出て西へ

すぐに到着、"ななもり清見"です。





ここでもライダーのみなさんに見送られ?ながら次に向かいましょう。

荘川ICに隣接の"花の郷 荘川"に到着。



少し早いですが、裏手のレストランでお昼にしましょう。



この辺りでも空気は冷たくて気持ちいいのですが、日差しは強烈で肌が痛いほど。

まだまだメッシュでいけそうです。

食後はR156号でひるがの高原へ

途中のT字路を曲がり、やまびこロードに入ります。



牧歌の里を通り過ぎて、右手を見ると、



ダイナランドスキー場が、いい眺めですよ~。

さて、そのまま進むと今度はここ"白尾ふれあいパーク"


ソフトを食べて、まったり~

そういえば、コスモスを撮りたいっていってたな~

道端でパチリ


その後は、R156号をたらたらと車の列について行き帰路に着きました。

秋は、まさにツーリングの季節!

ガンガン行きますよ~♪




投稿者: 向山鉄工株式会社

お問い合わせ

30日間保証

ご注文・お問い合わせ

footer_banner_sp2.png

ご注文・お問い合わせ tel:0120-160-710
お支払い方法 配送・返金保証 製品新着情報
対応車種一覧 安心の永久保証
代表向山のバイク人生 お客様の声 正規販売協力店 de”LIGHT