代表 向山のバイク人生ブログ

2013.09.24更新

翌日、お馴染みの無料朝食をいただいて8時ごろに出発。

市内を抜けて県道2号へ、

奥州三高湯の一つ、"白布温泉"を通り抜けて白布峠に向かいます。


画像はやって来た方向を撮ったので、進行方向とは逆ですが・・・

福島と山形の県境にあるこの峠からは磐梯山や桧原湖、吾妻山が一望できるすばらしい所です。



さて、この白布峠。実は今回で2度目なんですが非常に楽しいコーナーが延々と続きます。

基本的に中低速コーナーの連続で、それを緩やかなコーナー(ほぼ直線ですが)で繋ぐありがちなパターンです。

路面はそこそこですが、所々補修の跡や段差、凹み等があり調子にのってるとフロントをすくわれるかも?

でも、私たちのRTはそんな路面もお構いなしに、何事もなかったのように走ってくれます。

サスペンションは如何なる凹凸でもタイヤを路面に接地させることができるので、路面の凹凸はほとんど気にせずに走れます。

加えて、タンデムなのでリアのトラクションは抜群にかかる為かなり早い段階からスロットルが開けれます。

そして、RT特有のヒラリ感はタンデム走行でも色あせることはなく、九十九折りのワインディングはまさにRTの真骨頂を発揮できるステージかと。

通常のテレスコピックの場合スポーツ走行になるほどハードに締め上げますが、このサスペンションは構造上全く、その必要はないので常に乗り心地が非常にいいんです。

今回のようなワインディング、ハイウェイ、晴れの日はもちろん雨の日も風の日もいつも快適に、どこまでも私たちを連れてってくれるRTに、今更ながら脱帽です。

休日なのに誰も走っていない白布峠を駆け上がっていくと、

頂上付近にはこんな大きな駐車場とトイレが、でも登山客の車が5~6台あるだけでガラガラです。



自販機すらないので、しばらく休憩して出発です。

県道2号を下って桧原湖を眺めながら、R459号に乗り換えて

道の駅"裏磐梯"でお茶休憩~♪



展望台もあります。桧原湖と西吾妻山かな?



ついでに五色沼にもよって来ましょう。



青沼です。青いです。





ここも青かった。



ここも・・・



そろそろお昼の時間が近づいてきたので途中で引き返します。

途中でみつけたキノコ、食べれるンか~?



R459号からR115号で、猪苗代磐梯高原IC方面へ向かいます。

磐梯山を眺めながら、



喜多方ラーメンを食べましょう~。




11時頃に着いたので待つことなく席に。

その後、続々とお客さんが・・・食べ終わってみるとお店の外まで行列が出来ていました!

福島に来た時はいつもここのラーメンなんですが、いつも大変賑わっています。

なので、待っている人の為に席を譲ります♪

さあ、お家に帰りましょ。

猪苗代磐梯高原ICから磐越道、北陸道、上信越道を走り、途中一度も寄ったことのない新井PAで休憩です。



駐車場に入ると、何やら様子が違う?

車はいっぱい止まってるのに一帯には誰もいない!?

どうやら、ここは道の駅と一体の施設のような。みなさんあちら側にみえるようです。



水分補給と体をほぐして出発です。

次はガソリン補給のため梓川SAです。

この時、飯田山本ICから30キロの渋滞情報をキャッチ!

塩尻~岡谷間、中津川~瑞浪間でも!

"とっとと帰るモード"を"だらだらモード"へ。

渋滞が縮小するまでスタバでまったり~♪



渋滞が少し落ち着いてきたので出発します。

中央道を走行中、依然として恵那山トンネル付近の渋滞は続いていたので夕食を食べて行くことに。

小黒川PAに寄ります。



この辺りは豚が特産なのでロースカツを。

お腹がいっぱいになるとすぐに眠たくなるので、ちょいと離れたベンチで横に。

うとうとしてたら、渋滞がほぼ解消したとの情報が。

夜の高速は気持ちいいですね~♪

順調に帰宅できました。



次は、どこ行こうか~

全走行距離  1431キロ

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.09.23更新

先週末は中部圏BMWディーラー主催と関東編のスタンプラリーをやっつけに行って来ました~。

今回の目的はBMWディーラーのスタンプをフィニッシュさせる事と、群馬県エリアをあと一泊で終了させる予定なので、その取りこぼし予定分をペッタンする事です。

タイスケはかなりハードになりそうなので急遽予定を変更。

運よく宿の予約が取れたので金曜日の夜に出発することにしました。

仕事から帰ってきて、すぐに出発です。



小牧東ICから中央道に入り、まずはここで夕飯です。



8時ごろに出発、中央道はやや車の量が少なく、流れも順調でした。

さすがにこの時期の夜は、メッシュジャケットだけでは寒すぎる。

みどり湖PAでインナーを着こみ、ちょいと休憩して出発です。

こっそりシートヒーター入れてたのはここだけの話♪



途中、麻績の辺りから昼夜連続の片側規制がありましたが交通量が少なかったおかげで渋滞することなくクリア。

更埴JCTを上信越道へ、上田菅平ICを出て、ちょこっと市街地を走れば今夜のお宿に到着!

画像は翌朝に撮ったのでご勘弁を。



翌朝はお馴染みの無料朝食でたらふく頂き、タイスケ通りの7:30に出発。

再び、上田菅平ICから関越道、北関東道で伊勢崎ICでcome off。

R17号を南下して10分遅れで道の駅"おおた"に到着。



最近出来たのでしょうか?私のツーリングマップルには載ってないですね~。

それにしても、暑い!9月半ばでもこんなに暑いとは。さすが群馬と言ったところでしょうか。



とっととペッタンして退散です。



再び伊勢崎ICへ向かいます。

高崎JCTで新潟方面へ

水上ICで降りてR291号を北上、5分程で到着~。

道の駅"水上町水紀行館"です。

昨年も来たので、2度目ですね♪



はい、ペッタン♪



R291を戻り、水上ICから再び関越道へ、

お腹が空いてきたので"越後川口SA"で昼食を頂きます。



お腹がいっぱいになると眠たくなる性分なので、木陰でうとうと・・・

30分ぐらい休んで、眠気覚ましに"木イチゴソフト"を。



バイクにガソリン補給して出発です。

長岡JCTで北陸道へ、そして新潟中央JCTで日本海東北道を"荒川胎内IC"でcome off

R113号を米沢方面へ

道の駅"関川"に到着です。



おととしに来た時と同じで、店先で川魚を炭火で焼いていましたよ。

私たちは今夜のメインイベントが控えているので遠慮しときましたわ。



さすが米所新潟、こんなお米がありました~。 5キロで4000円!!!

一瞬ためらいましたが、物は試しでお買い上げ♪



そして、忘れずにペッタン! これでBMWディーラー分は完走です!



R113号を2時間弱で本日のお宿に到着~



チェックイン後、お風呂に入って、着替えて食事に出かけます。

ホテルから米沢駅方面へ、そのまま駅を通り抜けて徒歩10分ぐらいのところにディナーの予約を入れておきました~

米澤牛ダイニング"べこや"です♪



あいにくステーキコーナーの予約が取れず、焼き肉コーナーの席が空いていたので、こちらでステーキを頂くことに。

まずは、グラスワインで前菜を。

お酒飲めないんじゃ?などの突っ込みは無しで。



私はサーロイン150グラム



奥さんはフィレ150グラムをオーダー



どちらも最高の味わいでした~

米沢に来たなら是非米澤牛を試されてみては!

帰ホテル後、アルコール注入の為10時に撃沈!明日に備えます。

次回、今ツーリング唯一のSS(スペシャルステージ)でRTの懐の深さを再び思い知る!

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.09.17更新

急坂の八丁坂を登り切った私達は"中岳"へ



途中に宝剣山荘がありますが、立ち寄らずに(ソフトクリームの幟が気になりますが・・・)ひたすら歩きます。



中岳を登り始めたところにこんな看板が、迂回路のようです。

でも、まずは正面攻めからなので下山時に通りましょう。



それほど急ではないですが、岩が大きいのでかなりの大股で歩かねばならず結構辛いものがありますね~。

ガスに時々覆われてしまいますが、すぐに晴れ間が出てくるので心配要りません。



振り返ると、



ほどなく中岳山頂に到着!



ついに駒ケ岳が見えました!



ゴールが近づいて来ると足取りが軽いですね。

さあ、行きますよ~



ついに、登頂しました!



標高2956メートル



日差しはもの凄く強いですが、空気は冷たいので非常に気持ちがいいです~。



お昼頃なので、みなさん持ってきたお弁当を食べてました。



一等三角点もありますよ。



今日はガスが多いので視界が開けません。

遠くにいろんな山が見えるのですが、残念!






さあ、そろそろ下山しましょう。

帰りは中岳"巻き道"を通りましょう。



長野県鳥のライチョウがいますね。

こっち見てるし・・・



やや右上に木曽福島の町が見えます。

ガスってるからちょっと見にくいかな?



まさに天狗の横顔のような"天狗岩"



宝剣山荘に到着~。

行きに狙ってたソフトを食べて大満足♪



糖分、水分を補給後して出発です。

八丁坂に差し掛かったところで、駒ヶ根市内が見えています。

下りはそれほど時間もかからずにロープウェイ千畳敷駅に到着。



ここのホテルのレストランで遅い昼食をとってからロープウェイで"しらび平バス停"まで。

その後の"菅の台バスセンター"までのダウンヒルで、またしてもゲロゲロになったのは言うまでもない。

日帰りで3000級の山を登山できるなんて、ここと乗鞍と西穂ぐらいでしょうか?

高速を降りてスグというのは大変便利ですね。

みなさんも是非足を運ばれてみては?

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.09.16更新

3週間ほど前になりますが、駒ケ岳に登ってきました。

7時にルートイン出発!

バイクじゃないので仕度が早いわ~。

菅の台バスセンターに向かいます。



ホテルを出てわずか5分もしないうちに、



到着です。なんというアクセスの良さ!



駐車場は他県ナンバーのクルマであふれています。全国的に人気の観光地なんですね~。

バス停には長い列が出来ていますが、何台ものバスが運行しているのでほとんど待つことなく乗車できました。


ここから"しらび平駅"までの山岳道路は一般車両は通行禁止のため交通手段はこのバスのみです。

細い急な坂道を、しかもステアリングロックまで回さないと曲がれないヘアピンをグングン登っていきます。

強烈ではないですが、ずっしりと長い横Gが繰り返し襲ってきまして、もうゲロゲロですわ。

なんとか終点まで持ちこたえれましたが、このまま集団に揉まれながらロープーウェイに乗れそうもありません。

しばらく休憩することに・・・

そのうち山の冷たい空気で気分が良くなるでしょう。

乗用車の後席とバスには乗れない私でした。。。


さあ、気分が良くなったところでロ-プーウェイに乗りましょう。

待つこと数分、降りてきました。


風があまり吹いてなくそれほど揺れなかったので一安心。

ガイドさんが同乗されているので、周辺の見どころを説明してくれます。


この辺りが森林限界でしょうか?




7分ぐらいで千畳敷駅に到着です。



ここは千畳敷カール 標高2612メートルだそうです。

左側の突き出た山が宝剣岳か?



さっそく行ってみましう!

まずは、千畳敷カールの散策コースを


天候に恵まれて、いい感じですね~


ここで八丁坂を登りはじめます。

登山者以外はここで千畳敷ホテル方面へ。



しっかりと注意書きがあります。



私達も超初心者なんですが天候悪化、体調具合等でさっさと引き返すつもりでいます。

もちろん、最低限の装備は必要ですよ。






先程のバス酔いのせいなのか、気圧が低いせいなのか気分がすぐれず、5分登っては10分休憩の繰り返しで予定を大幅に遅れています。

"引き返そうか?来年また来ればいいか。"

でも、ゆっくり登り続けていくうちに次第に気分が良くなっていくような?

振り返ると、千畳敷ホテルがあんなに小さくなってる!



もう少しで登りきるか?



宝剣岳もすぐそこに!


よっしゃ~!一番の急坂を登ればあとは楽勝~。

前方に中岳が、


これを登れば、ついに駒ケ岳が見える!

その②へつづく・・・

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.09.09更新

今週末は、中部圏BMWディーラー主催のスタンプと関東編山梨エリアをやっつけに行って来ました。

5時起床で、予定より早く出発!



東名、新東名で。

いつもの浜松で朝食タイム。



長泉沼津ICで降りて混雑している市内を迂回しながらなんとか県道17号へ

海岸沿いを走り、県道127号へそれます。

ここは以前は、有料でしたが随分前から無料に。

途中、戸田峠で写真を。

霧がひどくて何も見えません!



県道411、59で西天城高原へ

そのまま59号を進む予定が私のミスでガソリンが足らなくなり、県道410で海岸沿いに出ることに。

県道59号走破は次回に持ち越しとなりました~。

国道136号に出てすぐにスタンドを発見。

燃料満タンになったところで、私たちも満タンにすることに。

国道沿いのこちらのお店に寄りました。



お腹がいっぱいになったんで、出発です。

国道をダラダラと、睡魔と闘いながら進みます。

本日の一つ目、"下賀茂温泉 湯の花"に到着。





"温泉メロンソフト"を食べ、目をさまして出発です。

国道414号をひたすら北上します。

だらだらと走行するのは意外と疲れます。

途中、湯ヶ島温泉辺りのコンビニで小休憩して、国道136号に乗り換えます。

最終目的地の営業時間に間に合わなければならないのでガンバッテ走ります。

修善寺を過ぎた辺りで県道19号、80号へ

本日のスペシャルステージ"伊豆スカイライン"を走って芦ノ湖へ

2,3年に一度は訪れるところですが、何時走っても楽しいワインディングですね!

毎週のように二輪事故が発生しているようですが、"二輪通行禁止"なんてことにならぬよう"安全運転"で行きましょうね!

"熱海峠"から県道20号に変わり、国道1号をちょいと走り到着です。

ここは神奈川県エリアの2つある内の一つ、"箱根峠"です。

閉店前30分でした。途中の道の駅で遊んでたら間に合わなかったかも?





芦ノ湖も見れます、もう少し標高が高ければよかったのですが。



5時をすっかり過ぎてしまったので、辺りが暗くなる前に宿に向かいます。

芦ノ湖スカイラインを湖尻峠で県道337号へそれます。

入り口は酷道を予感させる雰囲気ですが路面の状態は良く、路肩の雑草も刈り取られていて手入れが行き届いてるようです。




しばらくは1.5車線程の幅員で、途中2車線化の為の工事個所があったぐらいで後半はすべて2車線でした。

よって酷道評価はA-A。ここは酷道と呼べないかも?

国道246号、県道82号を走って、

裾野ICそばの"ルートイン"が本日の宿です。



翌朝、いつものように無料朝食サービスを頂き、出発ですが、

早朝から降り始めた雨が止みません。予報通りなんですが気分はブルー。

8時過ぎまで雨足が弱まるのを待ちますが、

諦めてカッパを着こんで出発です。

国道246号、138号、413号を走り、途中の山中湖は雨の為素通りします。

本日の一発目、山梨県エリア"どうし"に到着。



天気が良ければ沢山のバイクが来ているはずですが、生憎の雨なので私達以外は2台位いたかな?



予定がつかえているので先へ進みます。

県道24号で国道139号へ

都留市から県道705、712号、国道20号を甲府方面へ

"甲斐大和"に到着。



雨はすっかり止んでるので、カッパを脱ぎます。

水分補給後、すぐに出発。

県道38号、国道140号を走り

"まきおか"に到着。



この辺りはブドウの産地なので、"種無しピオーネ"をお土産に。



ついでにお昼ご飯も、少し早いですが頂くことに。



食後に外に出るとパラパラと雨が・・・

まったりせずに出発です。

国道140号をそのまま北上、広瀬ダムへ向かいます。

小粒の雨は一向に止む気配はありません。

ずぶ濡れになる前になんとか到着。

今回のラスト"みとみ"です。



これで山梨エリアは残すことあと一つ。難関なんだな~、これが。

カッパを着こんで帰りましょう。

勝沼ICで中央道に乗り、双葉SAと小黒川PAで休憩をとって帰宅です。

今回も無事に行って来れました。お疲れ様でした~。

次はどこをペッタンしに行こうか?



走行距離 908.8キロ

投稿者: 向山鉄工株式会社

お問い合わせ

30日間保証

ご注文・お問い合わせ

footer_banner_sp2.png

ご注文・お問い合わせ tel:0120-160-710
お支払い方法 配送・返金保証 製品新着情報
対応車種一覧 安心の永久保証
代表向山のバイク人生 お客様の声 正規販売協力店 de”LIGHT