代表 向山のバイク人生ブログ

2013.07.29更新

週末の天気予報は北陸、東北にかけて雨の予報。

局地的にかなりの豪雨が予想されていたため、急遽、山形行を取りやめ、晴れ予報が出ている和歌山へ。

4時起床、5時前に出発!



東名阪、伊勢道をつなぎ、伊勢西ICを下りて県道32で道の駅"伊勢志摩"をめざします。

開店1時間前に到着してしまったのでしばらく待つことに。



その間、次なる目的地までのルートを検索中~。

"あんまりいいルートがないなぁ~"とブツブツ言いながら、とりあえず決まったところで開店です。

ここは以前に何度も来ているので長居はせずに、さっさとペッタンして出発です。



ちなみに、ここのおすすめは"松阪牛しぐれ煮"でしょうか?

私は牛肉が大好きなので・・・ぜひ、お試しを。

R260、R42を走って尾鷲からR425へと思ったら悪い予感が的中~。

"通行止め"の標識があり、奈良へは抜けれないとの事。

R42に戻りR309、R169で北山村の道の駅"おくとろ"に到着。

実はここ和歌山県なんですが、


飛び地なんです。(はぁ~?)

つまり、北山村は和歌山県なのに北山村のまわりは奈良県と三重県に囲まれているのです。

なぜ?私にはわかりません。

ちなみに、筏下りがあるようです。

画像はないですが、機会を作って次回チャレンジしたいと思います。


超スリリングなR169と別れてR168を走り、本日のラスト道の駅"奥熊野古道ほんぐう"に到着。



この時点ですでにグッタリ。。。

距離的にはそんなに走ってないんですが、日本屈指の酷道走破は相当な体力を必要としてるようです。

売店のおばちゃんにステッカーをもらいました。



さっそくトップケースに貼らせていただきます。

そろそろ、お宿に向かいましょう。

本日のお宿は、湯の峰温泉です。



部屋の手入れ、食事、温泉、接客、どれも大変満足です。特に温泉の質は関西随一どころか全国的にいっても非常に評価は高いと思います。

私はおすすめだと思います。

翌朝は、温泉街へ。

"つぼ湯"は世界遺産に登録された唯一の入浴施設だそうです。

観光シーズンには順番待ちができるくらい混雑するようです。









熊野古道の散策と合わせて次回は是非"つぼ湯"に入りたいと思います!

今回は急きょ予定を変更し、しかもロクな予習もせずに行動してしまったわりにはかなりの収穫があったツーリングだったと思います。(宿題もいっぱいできましたが。。。)


今回の走行 681キロ

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.07.17更新

先週末は"スタンプラリー関東編"群馬エリアへ行ってきました。

朝5時に出発!



中央道諏訪IC come off !

R152からR299メルヘン街道を走ります。

行く手を遮る低速車に遭遇しずに、快調に上って行くと程なく最高地点へ



この付近は駐車場があり、登山客やチャリダー達が大勢いますので注意して走行。

ここから先は、ダウンヒル!

スイッチバックでナローなタイトコーナーを快調に下って行く~♪ 行く~♪ 行???

あれっ? フロントブレーキがフニャフニャしてきたような???

少しペースを落として次のコーナーに向けてブレーキングした瞬間、

"ブ、ブレーキが効かねー!!!"

ブレーキレバーがグリップにくっ付いてしまい、万事休すかと思った瞬間、いきなりABS作動のフルブレーキ!

最悪の事態を免れた後は、超スローペースでこの先の峠の茶屋へ



ブレーキ周りを点検してみましたが、フルードの漏れはなさそう。

ローターが熱で歪んでピストン押されたようでもないし、どうやらパーコレーションのよう。

一年点検の時に交換しなかったんで、反省してます。。。

その後は、様子を見ながらゆっくりと下って、なるべく連続ハードブレーキは避けるよう運転。

R141をちょこっと走ってR299で十石峠を目指します。

随分昔に(15年以上前かな~?)通って以来なんですが、路面はきれいに整備されていて走りやすかったですよ。

センターラインはなく、自動車どうしの擦れ違いはちょいとムリですが。。。

ブラインドコーナーが多いので注意して走行します。



十石峠頂上でしょうか、駐車場と展望台ができています。

展望台に上ってみましょう!



前方は赤城連山、左手には妙義連山、展望はそこそこいいですね。



さあ、そろそろ出発しましょう。気温は24℃。涼しいですね~。

ここから、群馬県上野村に入ります。

しばらく下って行くと、通行止めのゲートが!



う回路を廻っていきましょう。通行止め期間が"当分の間"だって!

あんまりやる気がないらしい。

本日、一つ目。



売店であんまり固まっていないソフトを食べながら休憩。

次、二つ目。

ちょっと早いですが、ここでお昼ご飯にしましょ。



食べ終わって出発しようと思ったら、雨がパラパラと。。。

ちょっとくらい濡れても平気なんでそのまま出発。

本日ラスト予定の"上州おにし"に到着。



隣には石器時代の遺跡が保存されていました。



中に入るとこんな感じ。



長期保存のため、空調設備が設置されています。

この時点でまだ午後2時。

宿に行くにはチト早すぎ。

地図をパラパラめくると、ここから近い埼玉県秩父にあるじゃないですか!

途中で買った"はちみつドーナッツ"をのどに詰まらせながら、急いでスポーツドリンクで胃に流し込み出発。

県道13、44,37をこんなお山を見ながらつないで行きます。


本日ホントのラストです。






この日は一日中曇り空だったお蔭で随分過ごしやすかったです。

この後は、宿に向かい、明日の作戦を練って早めの就寝です。

翌朝は前日と同じ曇り空の中、スタートです。

県道176から"子王山"越えで県道175に出る作戦を立てたのですが、

こんな道でしたわ~



どうやら遊歩道のようなんですが、Uターンするしかないか?と思いましたが近くにいた地元のおじさんに尋ねてみたところ"大丈夫だから行ってみなよ"と。

撃沈モードから酷道探検モードへ、ワクワクしながら突き進むことに!



画像ではわかりにくいですが、もの凄い急な下り坂なんです。

1速のエンジンブレーキが全然効きません。

よって、クラッチを握ったままブレーキを引きずりながらの走行です。





県道175、71,177、46とつないで到着!

かなりの時間オーバーかな?



続いて、"しもにた"

時間が押してるんでストップ&ゴーです。


そして、本日ラストの"オアシスなんもく"

朝からハードな道を走って来たんでまったりしていきましょう。



今回のスタンプはこれにて終了~。

お昼も近づいてきたことだし、佐久IC前の"おぎのや"でご飯にしましょう。

帰りの高速は梓川SAでワンストップ。

渋滞もなく無事に帰ってこれました。

まだまだ続く"スタンプラリー関東編"。 いつ終わるのやら・・・


投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.07.10更新

先日は、日頃お世話になっていますササキスポーツクラブ様でガレージレボのデモンストレーションをおこなってきました。

実は、ガレージレボの開発当初からササキスポーツクラブ様には随分とアドバイスをいただいておりまして、完成した暁には是非評価をと思っていました。

しかし、開発に手こずり、予定が大幅に遅れてしまい、なかなかお持ちすることが出来ませんでした。

訪問日は、社長様以下、スタッフの方全員がお揃いの日を選択、晴れてデモ開催となりました。

バイクは私の1200RTを用意、ガレージレボはBMW用とSTDを持参しました。

当日は激熱の晴天にも関わらず、お店の営業開始前から昼過ぎまでお付き合いしていただきました。

まずは、商品説明から。


そして、私自ら実演してみます。

センタースタンドの状態からガレージレボをセットします。

バイクが真っすぐ立っている状態からですとスムーズにセットできます。


スタンドアップしてからバイクをセンタースタンドから降ろします。




その後は、お好きな場所へ移動。

スタッフの方にもやって頂きました。



ゴロゴロと軽~く動かす事が出来ます。

細かいところまで観察してもらっています。








そこで、スタッフのIさんが『サイドスタンド状態からやってみましょうか?』と。

例えば、K1200S、K1300Sですとサイドスタンドしか装備されていませんから、やってみたいですよね!

私は他のスタッフの方とお話し中だったので、 『どうぞ、どうぞ。是非やってみてください。』 と心の中でつぶやいていました。

はい! この通り。実に軽~くやってみせてくれました。



彼らは毎日、大型バイクを扱っていますから当然といえば当然ですが。。。

スタッフIさん曰く 『スタンドアップやスタンドから降ろすときの安定感は抜群ですね、倒してしまう不安感が全くないので初心者の方でも安心してつかえるわ。』

ガレージレボの一番のウリはスタンドアップしたまま移動できること!

移動するときに倒れてしまわないよう、邪魔にならない範囲で最大限ワイドに設置したサイドフレームのお陰で抜群の安定性を誇ります。

特にBMWは重量級であるが為、STDよりさらにワイドに。

しかし、パニアケース装着時よりナロウに。

存分に検証していただきありがとうございました。

佐々木社長様以下、スタッフの方々から大変貴重な意見を頂戴できたこと、私ども大変嬉しく思っております。

今後の商品開発、販路開拓に是非反映させていただく所存であります。

お店には、Garege revoのショップカードも置かせて頂きました。

本日はお忙しい中、炎天下でのデモをご覧頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

オリジナルパーツを日夜開発し続け、BMWカスタムパーツ界の確固たる地位を築きあげ、長年ここ鈴鹿のみを拠点に活動、とても幅広い年齢層の顧客の心を決して離さないのが"ササキスポーツクラブ"

BMWに興味のある方は、"Motorrad Suzuka"に是非一度、足を運ばれてみてはいかがでしょうか(^O^)/

投稿者: 向山鉄工株式会社

お問い合わせ

30日間保証

ご注文・お問い合わせ

footer_banner_sp2.png

ご注文・お問い合わせ tel:0120-160-710
お支払い方法 配送・返金保証 製品新着情報
対応車種一覧 安心の永久保証
代表向山のバイク人生 お客様の声 正規販売協力店 de”LIGHT