代表 向山のバイク人生ブログ

2013.04.29更新

実は、私たちコレやってるんです。



出かける時はいつも持ち歩いてるんでボロボロですが。。。

関東編なので愛知県から日帰りで行けるとこは長野と山梨ぐらいしか。。。

なかなか手ごわいです。

去年の7月から始めて144駅中43駅周れました。

で、今回は4駅を周る予定。

まずはココ


9時の開店前に到着しましたが駐車場はすでに満車です。

入口には沢山のお客さんが早く開けろと言わんばかりにたむろしてます。
(なんとなくそう見えたが。。。)

開店と同時にモミクチャにされながらスタンプ見つけて"ペッタン"




お次は、"信州蔦木宿"



ここは先程のようには混雑してなくてわりとゆったりしてましたわ。

温泉施設もあるようでしたが先を急いでいるので今回はパス。

"ペッタン"して出発!





お次は"小坂田公園"





この時点で11時を過ぎていたので、ちょいと早いがお昼ご飯にしましょ。

ここのレストラン、しきりに豚肉をすすめてるので

"塩豚丼"をオーダーしました。



塩だれがいいですね、お肉もジューシーで

いけますよ、おすすめです。

本日のラスト "今井恵みの里"






とっととペッタンして帰りのルートを。。。

安直なルートだと 安房トンネル⇒高山⇒せせらぎ街道

これは前回、桜ツーで使ったのでボツ。

ならば、奈川ダム⇒野麦峠⇒鈴蘭

野麦峠って雪が残ってる?チャレンジャーかも?

"ダメなら引き返せばいいさ"で行くことに

山肌にはたっぷりと雪がありましたが路面は終始ドライ!




ここ野麦峠にまつわる話は皆さん、ご存じかと。

いつもは素通りしてしまうのですが、今回はここの歴史資料館によってみました。

冬の間は閉館していて最近、開館した模様。

入館料を払って中に入ると、先程の窓口のおじさんがやって来て資料を見せながらタップリ30分説明してくれました。

資料館館長さんのお話を沢山いただいたおかげで今までの考えが180度反転しました。

"彼女たち"は青春を謳歌していたんだと。

私は文才がないので上手く表現できないのですが、残された貴重な資料からそう思えました。

一人500円の入館料を払う価値は十分以上あります。

是非、一度足を運ばれてみては。



本日の走行 510㌔





投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.04.26更新

ゴールデンウィーク中の休業日は誠に勝手ながら

4/27~29、 5/2~6 とさせていただきます。

なお、4/30、5/1、5/7~ は通常営業日となります。

よろしくお願いします。

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.04.18更新

前回、ガレージレボの心臓部とも言えるサイドフレームのデザインをご紹介しました。

今回はその製作模様を紹介しましょう。

まず最初は、厚さ2.3ミリの鋼板からタレットパンチプレスで本体部分と内部に組み込む小さい部品を打ち抜きます。






いきなり曲げ工程の画像ですが。。。(抜き終えたパーツの画像が無かったのでスイマセン。)

それぞれをNCベンダーを使って曲げます。



曲げ工程が終わったパーツ達です。




次は組み立てに入ります。

まず本体の片パーツに機械加工品(ベアリングのはまるボス)を仮付けします、

M16ナットも取り付けます。


もう片側の本体パーツに小さい"馬"を取り付けます。



そして、それぞれをこんな感じに合体します。



しっかりと位置を決めて仮付けしていきます。



最後は、"本付け" して "仕上げ" するとこんな感じに。。。



以上が"サイドフレーム"の工程です。

最初はオーバースペックかなと思ったのですが、使う側の身になって考えますと頑丈に出来てるほうがいいに決まってるだろうと思い"板厚" "材質"はケチりませんでした。

お買い上げ頂いたお客様には十分に満足していただける仕様だと思います。

万が一、故障などトラブルが生じましたらば、ご自分で修理なさらずに当社までご連絡ください。

無償で修理、交換をさせていただきます。


それでは、次回は旋盤加工編です。

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.04.14更新

地元の桜はすでに散っていて葉っぱだらけ、
ならば、北へ行けば見ごろな場所があるだろう~!

今回狙った行き先は駒ケ根、飯田周辺。

3か所に的を絞りましたよ~

午前5時48分出発
もう空は明るいですね~

中央道 駒ヶ根ICで降りて西へ

光前寺です。

全然咲いていませんでした。(泣)

一部、咲いていますが。。。

蕾はふっくらしているんで見ごろは今週末ぐらいでしょうか?
桜は開花前だったのですが光前寺に続く道路沿いの水仙畑は見ごたえありましたよ。

こんな風に


こんなにいっぱい!



南アルプスと



つづいて、与田切公園です。

ここはすでに満開でみなさんバーベキューの準備をしてました。



先に寄った光前寺より標高が低いためかこの辺りはあちこちで満開の桜が見れますね。

最後は本命、高森南小学校です。

見てください! 校庭内はすべて桜です!

しかも、どれもみな巨木です。(近くで撮った写真がないのでスイマセン)







地元の人たちも、私たちのように県外からの観光客も毎年大勢の人が見に来るそうです。

毎年見に行きたいポイントですね!

そろそろお昼が近づいてきたのでお昼ご飯を食べに移動開始です。

高森を後に北上します。伊那から権兵衛峠を抜けてR19をちょっと北上。

藪原から県道26号に入り、梓湖手前の『福伝』さん。



今日のお昼は、奈川名物『とうじ蕎麦』です。



『とうじ蕎麦』とはこの辺りが発祥地らしいです。

開田高原でも頂けますよね。

さあ、お腹がいっぱいになったので走りだしましょうか?

この時期に安房トンネルを抜けたことはないのですが、路面には雪がないとのことなので行ってみることに。

上高地はまだ山開きでないので道はガラガラ~。難なく通り抜けて、道路以外は一面白銀の平湯を眺め高山市に入ったところでコーヒータイム。

その後は、お約束のルートで。

せせらぎ街道→岩屋ダム→関金山線→R41 

今日もガッツリ走れました~(嬉)

次はどこ行こうか?


PS  奥さん、おしりがカナリ痛かったらしい。そりゃそうだろ、下道だけで360キロあるんだから。


本日の走行距離  470キロ



投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.04.10更新

今日は"ガレージレボ"の構造を皆さんに紹介しましょう。

まずは、"ガレージレボ"の心臓部とも言えるサイドフレームから。

ちなみにサイドフレームとはこのオレンジ色の部分です。

このサイドフレームのデザインが思いつかなかったら"ガレージレボ"は製品化されなかったでしょう。

まさに心臓部と言える部分のデザインには"こだわり"の2つのポイントがあります

"こだわり"その1

回転支点を限りなく低くすること。

支点を下げることによって重量級のバイクでも軽~くスタンドアップできるからです。

もちろん他にも軽くスタンドアップできる要因はありますが、、、(例えば、スタンドアップ時のタイヤの高さを地面ギリギリになるようにVフックの高さを調整するとか、、、)

"こだわり"その2

サイドフレームとメインフレームとの連結を強固にしつつ、尚且つ回転動作がスムーズに行えること。

じつは、この部分だけでかなりの試作を繰り返しました。

中心部に見える機械加工品がこの課題をクリアーしてくれました。

これはS45Cで製作したもので表側と裏側から深溝玉軸受け(ボールベアリングのことね♪)を打ち込み、

さらに双方の軸受けの間にはインラインカラーが組み込んであります。

故にサイドフレームとメインフレームをM12ボルトでしっかりと締め上げることができ、スムーズに回転もする。

バイクのホイールベアリング部の構造と一緒ですね。

試作段階の安価な手法だと剛性とスムーズ性の妥協点が見いだせなかったので最終的にこの構造に決定しました。

以上のような"こだわり"を製品化することによって、きっとお買い上げ頂いたお客様にはご満足していただけるものと思います。

メンテナンススタンドをお探しなら"ガレージレボ"をお試しください

次回は、板金加工編を紹介します。






        



投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.04.08更新

昨日の日曜日、
天気予報やニュースで前日から大雨や強風の予報がガンガン流れてたのでツーリングは中止に決めていたのですが
朝起きてみると晴れているではないですか!
ツーリングは"早朝出発"と決め込んでいるので8:30頃に起きたんでは行く気がしない。

ならば、とりあえず午前中は当初の予定通りRTの1年点検を出しに行き、午後からは奥さんとプチツー。

まあ、晴れてはいますが時折雨がぱらつくことも、、、風もそこそこ強いが十分走れます。

免許とってもうすぐ1年が経つのですが、決して一人で走りに行こうとしないうちの奥さん。

そして、行き先はいつものカフェ。



月に一度のペースですが、少しずつ上達してるような•••

のんびり行きましょ! 

来週は南信へお花見ツー行きます!

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.04.07更新

今日は普段の業務内容を・・・、

近頃は何故か近所の企業様から社内設備の依頼を受けることが多くなっています。

わが社もそうですが、円安が進んでも下請け企業はなかなかすぐには恩恵は受けられないですね。
だからと言ってジッとしている訳にはいかないので、例えばアイデアをだして省力化に努めてる訳です。

その一つを紹介しましょう。

こちらの企業様とは二十年来のお付き合いで、今回は工場内の部品棚をご注文いただきました。

車一台分の部品が収納できるサイズで移動も出来るものです。
大小18個のBOXを付けて分類でき、高荷重キャスターを使い軽い力で動かせるようにしました。塗装はサテン調ブラックで先日、納めさせて頂きました。

ありがとう御座いました。



投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.04.05更新

バイク用メンテナンススタンドのことなんです。

世の中にはいろんなバイクがありますよね!それぞれに個性(乗り味とかフィーリングとか得意な用途とか)があって、

欲しくなっちゃうとつい買ってしまい、気付いたらガレージはバイクだらけで人が歩く隙間もありませんでした。

そうなると当然ですが、奥にあるバイクはだんだん乗らなくなり、やがてバッテリーが上がり、ガソリンが腐って

エンジンがかからなくなり.......直すのにお金がかかるからそのままになる。

そんなことではイカンと思い 

"何か道具を作って楽に動かせないか?" 

というわけで完成したのが

    "ガレージレボ" です。




ここに辿りつくまでにはかなりの時間がかかりました、変な形のも作ったり、なんじゃこりゃ?というのも。

今までに作った失敗作も後々紹介していこうと思います。

まずは2つの動画をアップしましたのでご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=Z0ycTwx5C7Y

http://www.youtube.com/watch?v=62DSV1K5QSQ

投稿者: 向山鉄工株式会社

2013.04.04更新

板金加工業をはじめて半世紀、ときどき趣味の物も作ってきたりしてきました。

趣味はバイクなんですが、ガレージがそんなに広くないのに大型バイクばかり4台も、、、身動きとれません。そこで考えたのがバイクスタンド"ガレージレボ"です。

試行錯誤の末、やっと完成しました。

これからみなさんに紹介したいと思います。

詳しい紹介はこちら

投稿者: 向山鉄工株式会社

お問い合わせ

30日間保証

ご注文・お問い合わせ

footer_banner_sp2.png

ご注文・お問い合わせ tel:0120-160-710
お支払い方法 配送・返金保証 製品新着情報
対応車種一覧 安心の永久保証
代表向山のバイク人生 お客様の声 正規販売協力店 de”LIGHT